スポーツ全般

柔道世界選手権2018日本男子代表一覧!出場選手のランキングは?

投稿日:

https://www.fujitv.co.jp/sports/judo/world/index.html

日本柔道復活の兆しあり!

柔道世界一を争う、柔道世界選手権。

2018年の開催地はアゼルバイジャンの首都バクー。

熱い戦いが繰り広げられること間違いなしですね。見逃せません。

柔道世界選手権2018の日本代表・出場選手をチェックしておきましょう!

スポンサーリンク

柔道世界選手権2018日本男子代表一覧

60kg級

髙藤直寿(たかとう なおひさ)

1993年生まれの25歳。

小内刈、巴投げ、肩車を得意とするディフェンディングチャンピオン。

2016年リオオリンピックの銅メダリスト。

現在の世界ランキングは4位。

永山竜樹(ながやま りゅうじゅ)

1996年生まれの22歳。

東海大学に在学中のホープながら、目下、世界ランキング1位

背負投、袖釣込腰を得意技とする。

66kg級

阿部一二三(あべ ひふみ)

1997年生まれの21歳。

妹の阿部詩選手も52kgで代表入り。

背負投、袖釣込腰を得意とし、昨年の世界選手権でも優勝。

世界ランキングは2位。

73kg級

橋本壮市(はしもと そういち)

1991年生まれの27歳。

昨年の世界選手権で優勝し、現在の世界ランキングは1位

袖釣込腰、一本背負投を得意とする。

81kg級

藤原崇太郎(ふじわら そうたろう)

1998年生まれの20歳。

裏投げを得意とし、現在は日本体育大学に在学中。

世界ランキングは8位。

90kg級

長澤憲大(ながさわ けんた)

1993年生まれの25歳。

世界ランキング9位で、今大会のディフェンディングチャンピオン。

内股を得意とする。

100kg級

ウルフアロン

1996年生まれの22歳。父がアメリカ人のハーフ。

世界ランキングは17位だが、昨年の世界選手権では優勝。

大内刈りが得意技。

100kg超級

原沢久喜(はらさわ ひさよし)


1992年生まれの26歳。

2016年リオオリンピックの銀メダリスト。

現在の世界ランキングは44位。

小川雄勢(おがわ ゆうせい)


1996年生まれの22歳。明治大学在学中。

父はバルセロナ五輪銀メダリストの小川直也さん。

払腰、支釣込足を得意とする。

世界ランキングは28位。

団体戦・73kg級

立川新(たつかわ あらた)

1997年生まれの21歳。

世界ランキングは29位。

姉の立川莉奈も、52kg級の有力選手。

団体戦・90kg級

向翔一郎(むかい しょういちろう)

1996年生まれの22歳。

世界ランキングは25位。

内股を得意とする。

スポンサーリンク

日本代表に対する期待の声

やはり軽量級に有力な選手が揃っていますが、

重量級の活躍なくして、日本柔道復活はありません。

注目はやはり小川雄勢選手。

父の小川直也さんに柔道スタイルがそっくりなんだとか。

親子で世界チャンピオンも現実味ありますよ。

期待大です!

スポンサーリンク

関連記事

-スポーツ全般
-, ,

Copyright© あなたに話したいこと , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.