高校野球

明石商2019野球部メンバーの出身中学一覧と地元比率!

投稿日:

3年ぶり2度目のセンバツ!

兵庫県明石市にある市立明石商高等学校。

秋季近畿大会準優勝、兵庫県1位の戦績で2019年の選抜高校野球大会出場が決定。

叡智はさえて新しき声湧く、明石商の球児たちは、どんな活躍をみせてくれるのでしょうか?

2019年の明石商高校野球部メンバーの出身中学校と地元比率を調べてみました!

スポンサーリンク

明石商2019野球部メンバーの出身中学校一覧

2019年の選抜高等学校野球大会に挑む新メンバーです。

位置 選手名 学年 出身中学 球歴
中森俊介 篠山東 三田ボーイズ
水上桂 宝塚一 三田ヤング
水田彩斗 魚住
清水良 太田 明石ボ-イズ
重宮涼 大久保 明石ボ-イズ
月野光輝 衣川 高砂宝殿ボ-イズ
溝尾海陸 御津 高砂シニア
来田涼斗 長坂 神戸ドラゴンズ
安藤碧 井吹台 湊グラフ
宮口大輝 宝塚 丘庫タイガ-ス
南瑛斗 宝殿
宮下匡雅 朝日 高砂シニア
百々亜佐斗 宝梅 豊中シニア
横山虎太郎 青雲 ヤング淡路
宮本啓吾 箕面一(大阪) 豊中シニア
杉戸理斗 長尾
岡部宇裕 向洋 兵庫タイガース
岡田光 別所 兵庫播磨シニア

地元出身比率

兵庫県内の中学から明石商高等学校に進学した部員の比率を紹介します。

地元出身比率は・・・94%

17人が兵庫県内出身。1人が地元以外からの学校からの進学で、大阪府の中学出身です。

スポンサーリンク

明石商2019野球部メンバーのニュース

エースは長身右腕の中森俊介選手。

1年生のときから最速145Kmを記録する期待の星で、センバツでもその才能に注目が集まる。

秋の近畿大会で完封を記録した宮口大輝選手も先発の柱だ。

スリークォーターから切れ味鋭いスライダーを武器に、勝利を目指す。

 

攻撃を引っ張るのは秋の公式戦で高打率を記録した3番重宮涼選手と5番溝尾海陸選手。

4番安藤碧選手は、もちろん大きな当たりも期待できる。

バリエーションあふれる攻撃を見せてほしい。

 

センバツ出場は初出場で8強入りした2016年以来の2度目。

前回は、決め球のスプリットがするどい吉高荘(日体大)投手の活躍が印象的だった。

今大会は中森・宮口の2枚看板を引っさげ、一つでも上を目指す。

スポンサーリンク

明石商2019野球部メンバーに対する声

関連記事

-高校野球
-,

Copyright© あなたに話したいこと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.