サッカー

アルドゥハイルはどんなクラブ?監督・オーナーは?中島翔哉がカタール移籍

更新日:

中島翔哉選手がカタールへ電撃移籍!

欧州クラブへのステップアップをすると見られていた中島翔哉選手が、カタールへ移籍することになりましたね。

移籍するクラブはカタール国内1部リーグに所属するアル・ドゥハイルSC

いったいどんなクラブなのか、気になったので調べてみました!

アル・ドゥハイルSCの歴史とオーナー

アル・ドゥハイルSCが設立されたのは1938年

アル・ショルタ・ドーハという警察のサッカークラブが母体となりました。

このクラブが2009年にカタール・スターズリーグ(1部)に昇格したときに、レフウィヤSCと改名。

さらに2017年には同リーグに所属するアル・ジャイシュを吸収。現在のアル・ドゥハイルSCとなっています。
 

タイトル

アル・ドゥハイルSCは1部リーグに昇格後、国内では目覚ましい活躍をみせています。

レフウィヤ時代を含めると8シーズン中6回の優勝2回の準優勝という驚きの成績。

まさに1強といえる強さですね。

 

しかし、国際大会ではまだ活躍することができていないようです。

カタールはAFCに所属していますので、当然AFCチャンピオンズリーグに出場しています。

グループリーグは突破するものの、2015年と2018年のベスト8が最高成績ですね。

 

オーナー

アル・ドゥハイルSCのオーナーはシェイク・アブドゥラ・ビン・ナッサル・アル・タニ。

カタールの王族で実業家。大金持ちです。

彼はスペイン・リーガ・エスパニョーラのマラガFCの会長としても有名。

大金を費やし、ファン・ニステルローイ選手やホアキン・サンチェス選手などの有名選手を獲得しました。

今季は調子が悪いようですが、中島翔哉選手がアル・ドゥハイルSCを経て、マラガに移籍することがあるかも?

スポンサーリンク

アル・ドゥハイルSCの監督・メンバー

監督

アル・ドゥハイルSCの現在の監督はポルトガル人のルイ・ファリアさん。

あのモウリーニョ監督とも仕事を共にし、モウリーニョの右腕ともいわれた若き名参謀。

監督業はアル・ドゥハイルSCが初めて。

中島翔哉選手をどう活かしてくれるのか、楽しみですね。

メンバー

所属メンバーのほとんどがカタールの選手で、カタール以外の選手は中島翔哉選手を含め6名。

エースはモロッコ代表のユセフ・エル=アラビ選手。

スペインのグラナダでもプレーした経験があり、リーガで16得点を記録しました。

 

他には韓国代表で10番を背負うナム・テヒ選手も所属。

ただ、現在は右膝の故障で長期離脱中。

回復が待たれるところです。

 

地元カタールの選手で注目選手はFWのアルモエズ・アリ選手。

現在22歳の有望な若手で、AFC U-23選手権で6得点で得点王に輝いています。

また、2019年のアジアカップでも得点を決め、カタールを決勝トーナメントに導いています。

 
ブンデスリーガのバイエルンやセリエAのユベントスに所属していたメディ・ベナティア選手もアル・ドゥハイルSCへの移籍が決定。

高さがあり、スピードにも長けたディフェンス力の高い選手。

中島翔哉選手とともにアジアの頂点を目指すことになります。

スポンサーリンク

アル・ドゥハイルSCに中島翔哉選手が移籍!SNSの反応

 

アル・ドゥハイルSC:まとめ

・アル・ドゥハイルSCはカタール1部リーグの王者
・監督はモウリーニョの右腕といわれたルイ・ファリア
・所属の注目選手はアルモエズ・アリ、ベナティア

一時はプレミアリーグに移籍濃厚と言われた中島翔哉選手。

カタールリーグということで、欧州から離れ、少し残念な気持ちも正直ありますね。

ただ、一部報道では今夏にパリ・サンジェルマンに移籍という噂も。

信憑性は低いですが、まずはカタールで結果を残してもらいたいですね。

リンク広告

関連記事

-サッカー
-, , , ,

Copyright© あなたに話したいこと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.