旬な話題で話をしましょう

あなたに話したいこと

事件・事故

【旭岳男女遭難】捜索・救助費用は莫大か!誰が支払う?

更新日:


旭岳に入山した男女のうち、男性が遺体となって発見されました。

自分で山を降りて、救助要請した女性は助かりましたが

男性は残念な結果となってしまいました。

この二人の身元はまだわかっていないようですが

救助要請をしたことで、北海道警察山岳救助隊などが出動しました。

救助隊が出動すれば自ずと費用がかかります。

この費用はどれぐらいかかるのか、

誰が費用を負担することになるのか、

気になったので、調べてみました。

スポンサーリンク

救助費用はどれぐらいかかるのか

今回の捜索ではヘリコプターが出動しました。

ヘリコプターが出動すると、1時間の捜索で40万円から50万円かかると言われています。

これは救助だからこれぐらいの値段というわけではなく、

普通にクルーズ楽しむ場合もこのぐらいの値段だそうです。

さらにヘリに加えて、もちろん救助隊の費用がかかりますので

50万円から100万円ぐらいの費用がかかるのは間違いないでしょう。

遭難した場所が分かっている場合はすぐに救助することができますが、

長時間の捜索となれば、それだけ費用も多くなってしまいます。

もちろん命に代えることはできませんが

その代償は大きいものとなってしまうことは仕方がありませんね。

救助費用は誰が払うのか

北海道放送(株)

 
救助費用はかなり大きなものとなることが分かりましたが、

その費用は一体誰が払うのでしょうか。

大きく三つのケースがあると思います。

救助隊が行政の場合

まず、救助隊が警察などの行政の場合。

この場合、遭難者に費用は請求されません。

つまり無料ということになります。

しかし、ヘリコプターを飛ばす費用も救助隊員の費用も当然かかります。

よって、税金から支払われるということですね。

国民全員の負担となるということです。

スポンサーリンク

救助隊が民間の場合

遭難救助に、行政が出動できない場合があります。

その場合、民間業者のヘリコプターが出動することになります。

民間業者のヘリコプターが出動するとその費用は、

救助された本人に請求されることとなります。

なお、助からなかった場合も同様で、

マイナスの財産として費用は遺族に相続されることになります。

保険に入っていた場合

山岳保険というものがあります。

保険に入っていた場合は、保険会社が救助費用を支払うことになります。

保険の種類は様々あり、保険料が500円から1000円程度のお手軽なもので

救助費用が200万円から300万円出る保険があります。

入山する時は、必ず入っておきたいものですね。

今回のケース

今回のケースでは救助隊は3日の午後、さらに4日の8時から捜索に出ていました。

そして、発見されたのが4日の午前11時20分頃ということです。

おおよそ10時間以上は、捜索救助活動が行われたと思われます。

ですので費用としては、500万円から1000万円ぐらいかかっているのではないでしょうか。

旭岳に入山した男女は、登山目的ではなかったようですので、

もちろん保険には入っていないでしょう。

捜索救助は、北海道県警山岳救助隊が主に行なったそうです。

民間のヘリコプターが出動したかどうかは不明です。

残念な結果となってしまいました。

お亡くなりになった方のご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

関連記事

-事件・事故
-, ,

Copyright© あなたに話したいこと , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.