高校野球

筑陽学園2019野球部メンバーの出身中学一覧と地元比率!

投稿日:

センバツ初出場!

福岡県太宰府市にある私立筑陽学園高等学校。

秋季九州大会優勝、福岡県1位の戦績で2019年の選抜高校野球大会出場が決定。

ゆるぎなき真実もとめて、筑陽学園の球児たちは、どんな活躍をみせてくれるのでしょうか?

2019年の筑陽学園高校野球部メンバーの出身中学校と地元比率を調べてみました!

筑陽学園2019野球部メンバーの出身中学校一覧

2019年の選抜高等学校野球大会に挑む新メンバーです。

位置 選手名 学年 出身中学 球歴
西雄大 田王丸 久留木BBC(軟式)
進藤勇也 内浜 半島ボーイズ
弥富紘介 金武 半島ボーイズ
江厚佑哉 城南 亭島ボーイズ
福島悠介 筑陽学園 大野城ガッツ
中村敢晴 大在(大分) 大分明野ボーイズ
野田優人 元岡 糸島ボーイズ
石川湧喜 田原 小倉シニア
福岡大真 基里(佐賀) 筑紫野ドリームズ
西舘昂汰 筑紫野 二日市ボーイズ
菅井ー輝 太宰府東 筑紫野ドリームズ
松波律樹 粕屋 福岡志免ボーイズ
尼ヶ崎裕大 花畑 糸島ボーイズ
小川将信 三国
中上翔ー朗 多々良中央 福岡中央ボーイズ
比嘉翼 あげな(沖縄) つるま東ボーイズ
真田賢成 野間 糸島ボーイズ
西村和葵 当仁 筥崎ジンジャーズ

地元出身比率

福岡県内の中学から筑陽学園高等学校に進学した部員の比率を紹介します。

地元出身比率は・・・83%

15人が福岡県内出身。3人が地元以外からの学校からの進学で、大分、佐賀、沖縄県の中学出身です。

スポンサーリンク

筑陽学園2019野球部メンバーのニュース

2003年の夏に甲子園初出場した筑陽学園が、センバツ初出場を決めた。

九州大会優勝の原動力となったのは、最速144キロを誇る右腕の西舘昂汰選手。

昨秋から急成長を遂げ、防御率0.88と活躍。

また、右腕の西雄大選手、左腕の菅井ー輝選手も安定した成績を残した。

 

主将で4番の江厚佑哉選手が秋のチーム最多安打を記録。

シェアなバッティングでチームを引っ張る。

パンチ力のある福島悠介選手、走力のある石川湧喜選手などの活躍にも期待。

 

投手陣が踏ん張り、犠打、走力、意外性のある攻撃で得点を重ね、逃げ切る試合が理想か。

雰囲気にのまれず、まずは甲子園初勝利を目指したい。

スポンサーリンク

筑陽学園2019野球部メンバーに対する声

リンク広告

関連記事

-高校野球
-,

Copyright© あなたに話したいこと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.