クレアーズ(claire’s)閉店理由は?アメリカでの破産につづき日本撤退

カジュアルアクセサリーを販売する、クレアーズが日本から撤退とのニュースです。

国内にある110店舗を、10月末までに順次閉店するとのこと。

25年の歴史がある日本のクレアーズ。惜しむ声も大きいです。

クレアーズが閉店する理由について調べてみました。

スポンサーリンク

クレアーズの閉店理由は?

クレアーズが閉店する理由は、ショッピングモール戦略にあると思われます。

クレアーズ日本はイオンがライセンスを取得して、日本で経営していきました。

イオンの発表によると、「近年の業界を取り巻く環境や、今後の成長性等を総合的に判断した結果」とあります。

クレアーズ日本 事業の終了について

ここでの業界とは、アクセサリー業界ではないと思います。

クレアーズはカジュアルなアクセサリーを販売しています。

近年はプチプラの流行や、コスプレなどの認知向上で、カジュアルアクセサリーはまだまだ需要があると思います。

それでいて、今回の撤退ですから、ここでの業界はイオンなどの郊外型のショッピングモール業界ではないかと思います。

拡大を続けていたイオンも、最近は整理・統廃合を進めています。

クレアーズはイオンが経営しているだけに、イオンモールに多くあります。

少子高齢化、ネット社会の波が押し寄せ、郊外型のショッピングモールは曲がり角に来ています。

その波に、クレアーズが飲み込まれてしまったということではないでしょうか。

スポンサーリンク

クレアーズはアメリカで破産している

クレアーズのアメリカ本社は、2018年に破産申請をしています。

破産の理由は、ショッピングモールの客足が減ったことによる業績悪化です。

アメリカのクレアーズの失敗は、店舗型の販売に固執したこと。

オンラインでの販売に手を付けていなかったのです。

そして、それは今回のクレアーズ日本の撤退にも影響していると思われます。

正直なところ、なぜネット販売をしなかったのか、不思議でなりません。

タイトルとURLをコピーしました