恩赦でゴールド免許は回復する?どんな人が対象になるのか

免許がゴールドに回復するチャンス到来?

10月22日に行われる即位礼正殿の儀に合わせて、恩赦が行われるようです。

恩赦とは、国の慶事があった場合に、刑事罰を許したり、罰を軽減させたりする制度のことです。

ただし今回は、軽微な犯罪が対象とされ、殺人や強盗事件を起こした重罪人が罪を許されるということはないようです。

軽微な犯罪ということで、気になるのが「交通違反」の取り扱い。

交通違反には犯罪である場合とそうでない場合がありますが、今回の恩赦の対象になるのでしょうか?

交通違反で失ったゴールド免許は恩赦で回復するのか、調べてみました。

スポンサーリンク

恩赦でゴールド免許は回復する?

まず結論から言うと、今回の恩赦で失われたゴールド免許が、回復するということはありません。

その理由は、恩赦は刑事事件の有罪判決を対象とするものだからです。

交通違反は行政処分であって、刑事処分ではないんですね。

ですので、交通違反をして違反の点数が減ったのが増えたり、免許取り消しや停止がなくなったり、反則金がなくなったりすることはありません。

これらはすべて行政処分だからです。

では、今回の恩赦はどのような犯罪が対象なのでしょうか?

恩赦の対象

恩赦には種類があり、「大赦」「特赦」「減刑」「復権」「刑の執行の免除」に分けられます。

大赦(たいしゃ):有罪判決を無効にする。有罪判決が出ていない場合は、公訴権が消滅する。
減刑:刑の言渡しが確定した人の刑罰を軽くする。
復権:有罪判決を受けたことで失ったり、制限されたりした資格を回復する。
特赦(とくしゃ):特定の人たちに対し、判決の言渡しの効力を失わせる。
刑の執行の免除:刑の執行のみを免除する。

https://www.huffingtonpost.jp/entry/onsha_jp_5da6673ee4b002e33e76b646

今回は、国民感情も配慮して、復権のみが対象となりそうです。

復権の例をあげると…

公職選挙法違反で公民権が停止され、選挙権がなくなった者に対してそれを回復させる。

罰金刑が確定した人は、医師免許などの国家資格が得らないが、それが許されるようになる。

などです。

ただし、今回の恩赦の対象はまだ調整中とのことです。

スポンサーリンク

今回の恩赦に対して世間の反応は?

恩赦という言葉に、罪が許されるというイメージがあるので過剰に反応している人も多いですね。

確かに分かりづらいし、殺人犯や強盗事件の犯人の刑が軽くなるなんておかしいですから。

一方で、恩赦の内容までしっかりと把握して、前時代的な制度だと批判している人も多いです。

また、今回は復権のみになりそうということで、興味をなくす人も。

まだ、どのようになるのかはわかりませんが、政府にはしっかりと説明していただきたいものです。

スポンサーリンク

まとめ:恩赦でゴールド免許は回復する?

・恩赦でゴールド免許は回復しない

・行政処分は対象外

・復権のみになりそう

正直なところ、恩赦の意味合いを調べても、その意義についてはやはり疑問も残ります。

お祝い事だから許されるという理屈が、よくわかりませんよね。

なぜ刑事処分だけで、行政処分は許されないのかもわかりません。

むしろ、本当にゴールドにしてくれたらいいのにと思ってしまいました。

もちろん、酒酔い運転や危険運転などで免許を剥奪された人は論外ですけど。

そのほうが国民は喜びそうです。

タイトルとURLをコピーしました