自然

猛暑・酷暑はいつまで?2018年の最高気温予報をチェック!

投稿日:

信じられないほど、暑い日が続きますね。

7月の初旬から強い日差しで、これから先が思いやられます。

毎年のように「暑い、暑い」と言っていますが、今年はいつまで暑いのでしょうか?

2018年の猛暑・酷暑がいつまで続くのか調べてみました。

スポンサーリンク

2018年の猛暑・酷暑はいつまで?

まず、暑さに関する言葉の定義を確認しておきましょう。

セ氏25度以上・・・夏日
セ氏30度以上・・・真夏日
セ氏35度以上・・・猛暑日

これらは2007年に気象庁によって定められた予報用語です。

では、酷暑日は40度以上か?と思いますが、酷暑という言葉はマスコミなどで使われている言葉で、正式な予報用語ではありません。

現在では35度を超える激しい暑さを記録することもありますので、ニュースなどで「酷暑」という言葉が使われているんですね。

気温が40度に迫ってくると、まさに酷い暑さに感じます。

2018年の気温予報は?

今年は7月前半までに猛暑日を記録した地点が180箇所を超えるなど、記録的な暑さになっています。

この暑さ、いつまで続くのか。AccuWeather(https://www.accuweather.com)というサイトの長期予報(7.17時点)によると、

福岡

福岡は7月18日~7月25日かけて非常に暑く、猛暑日を記録しそうです。8月も猛暑日とはならずとも真夏日が続き、暑い日が続きます。

最高気温が30度を下回るのは9月上旬となりそうです。

大阪

猛暑日を記録しそうなのは7月17日~22日にかけて。その後も猛暑日とはいかずとも、最高気温が30度を下回る日はなさそうです。

8月に入っても1日~9日までは非常に暑く、その後も涼しさの気配はみえません。30度を下回る日が出てくるのは9月半ばということになりそうです。

スポンサーリンク

東京

東京も同じく7月17日~22日かけて猛暑日を記録しそうです。その後も真夏日が続きますが、8月22日ぐらいから最高気温が30度以下となりそうです。

仙台

仙台は7月22日に気温のピークを迎えそうです。8月も真夏日までいかない日も多いという予報です。平均を下回る日も多そうです。

2018年猛暑・酷暑:まとめ

猛暑日

九州・・・7月後半まで
関西・・・8月前半まで、
関東・・・7月後半まで
東北・・・7月に記録するかどうか

真夏日

九州・・・9月上旬まで
関西・・・9月中旬まで
関東・・・8月下旬まで
東北・・・7月下旬まで

 
長期予報を参照していますので、直近の予報を各自で確認をお願いします。

やはり9月にならないと涼しさは感じられそうにないですね。

スポンサーリンク

関連記事

-自然

Copyright© あなたに話したいこと , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.