野球

巨人のドラフト2018を予想!1位指名は誰に?傾向と補強ポイントをチェック

更新日:

1位指名は根尾昂選手か、吉田輝星選手か、それとも・・・

今年のドラフトが近づいていきました。

日本一の人気球団である巨人・読売ジャイアンツが指名するのは、どの選手なんでしょうか。

巨人のドラフト傾向と補強ポイントをチェックして、2018年の1位指名を予想してみました!

スポンサーリンク

巨人軍(読売ジャイアンツ)2018

概要

読売ジャイアンツ

本拠地 東京ドーム
所属リーグ セ・リーグ
創設年度 1934年
優勝回数 日本一:22回(最多)
リーグ優勝:45回(最多)
オーナー 山口壽一
運営母体 読売新聞グループ
監督 高橋由伸
マスコット ジャビット

日本で4番目にできた球団で、現在の12球団の中では最も歴史の長いチームです。

2018年の成績

順位 セ・リーグ3位
勝敗 143試合67勝71敗5分
打率 0.257
得点 625
安打 1255
本塁打 152
打点 606
盗塁 61
防御率 3.79
セーブ 25
完投 21
完封勝 16

高橋由伸監督の3年目。なんとかAクラスを死守し、CS出場を決めました。

しかし、選手の故障も多かったですが、退団した選手の穴埋めが出来ないばかりか、期待の選手の不調で高橋監督も頭が痛かったでしょう。

結果的に、高橋監督は今シーズンで辞任となってしまいましたね。

巨人のドラフト戦略は?

歴代1位指名(過去10年)

2008年 大田泰示(東海大相模高・内野手) ○2球団競合
2009年 長野久義(ホンダ・外野手) ○単独指名
2010年 沢村拓一(中央大・投手) ○単独指名
2011年 菅野智之(東海大・投手) ×2球団競合
松本竜也(英明高・投手) ○2球団競合
2012年 菅野智之(東海大・投手) ○単独指名
2013年 石川歩(東京ガス・投手) ×2球団競合
小林誠司(日本生命・捕手) ○単独指名
2014年 岡本和真(智弁学園高・内野手) ○単独指名
2015年 桜井俊貴(立命館大・投手) ○単独指名
2016年 田中正義(創価大・投手) ×5球団競合
佐々木千隼(桜美林大・投手) ×5球団競合
吉川尚輝(中京学院大・内野手) ○単独指名
2017年 清宮幸太郎(早稲田実高・内野手) ×7球団競合
村上宗隆(九州学院高・内野手) ×3球団競合
鍬原拓也(中央大・投手) ○単独指名

2年連続で外れ外れ1位の獲得となっているので、そろそろ辺りが欲しいところです。

ただし、来年から監督になる原さんのドラフトでの抽選は1勝6敗。抽選で獲得権利を得たのは、大田泰示選手を引き当てた2008年のみとなっています。

指名傾向

2017年 投手 1 高校生:1
大学生:3
社会人:4
捕手 2
内野手 3
外野手 3
2016年 投手 6 高校生:2
大学生:3
社会人:2
内野手 1
2015年 投手 4 高校生:2
大学生:5
社会人:1
捕手 1
内野手 2
外野手 1
2014年 投手 3 高校生:1
大学生:2
社会人:1
内野手 1
2013年 投手 2 高校生:4
大学生:0
社会人:1
捕手 1
内野手 2

過去5年で投手が16人、捕手が4人、内野手9人、外野手4人。そのうち高校生が10人、13人、社会人9人。野手と投手、育成と即戦力をバランスよく獲得している感じですね。

近年は、その年のスターも積極的に狙いに行っている印象もあります。ただし、残念ながら外していますが。

補強ポイント

ポジション別に見ていきましょう。まずは投手

防御率3.79とセ・リーグ随一の投手力を誇りますが、内情を見てみると、そこまで良くない印象。

今年も菅野智之選手は凄かったですが、期待されていた田口麗斗選手は不調。そして中継ぎや抑えも安定せず、勝利の方程式が確立していません。優先度は高いですね。

次に捕手ですが、レギュラーの小林誠司選手がまだ30歳で、さらに25歳の大城選手、宇佐美選手がいるので大丈夫。

内野手も、若手が多く粒ぞろい。今年覚醒の岡本和真選手、吉川尚輝選手、北村 拓己選手などが期待できます。もちろん、坂本選手も健在。全体的には補強ポイントではないでしょう。

外野手は補強の優先度が高いポジションと見ます。陽岱鋼選手は怪我で期待通りの活躍が出来ていませんし、長野選手もベテラン。

ただし、ドラフトで即戦力というと、難しいかもしれません。FAで広島の丸佳浩選手を獲得できるかもしれませんので、ドラフトではそこまで力を入れないかもしれません。

となると2018年の巨人のドラフトは、即戦力の投手。あるいは、将来的のあるエースか主軸を担える大砲を狙いにいくのではないでしょうか。

スポンサーリンク

巨人のドラフト2018予想

1位指名

巨人のドラフト1位は、東洋大学の甲斐野央(かいの ひろし)選手と予想します。

即戦力で中継ぎを助け、将来のクローザー候補になりえる逸材。身長188cmの恵まれた体から、MAX159キロのストレートが武器。

もちろん競合が予想され、広島、オリックス、ロッテなどが狙っていると言われています。

大阪桐蔭の根尾昂選手が1位指名濃厚との報道もありますが、どうでしょうか。坂本選手の後釜を育てるならいいのかもしれません。

今年のヒーローである吉田輝星選手は巨人希望みたいですが、1位指名の可能性は低いと予想します。外れ1位にも残ってなさそうですしね。

2位指名以下

今年は社会人が不作とあって、2位指名以下は高校生と大学生をバランスよく取るのではないでしょうか。

噂されているところを上げると、投手では東洋大の梅津晃大選手、上茶谷大河選手。汎愛高の羽田野温生選手、館山総合の相川亮太選手など。

野手では立命館大の辰己涼介選手、天理高の太田 椋選手、花咲徳栄の野村佑希などの名前が上がっていますね。

ネットの予想


予想合戦、楽しいですよね。

新聞やテレビでは根尾昂選手予想が最多。吉田輝星選手を希望する声も多いですね。

スポンサーリンク

巨人2018ドラフト:まとめ

・ドラフトで補強すると思われるのは即戦力ピッチャー
・東洋大学の甲斐野央選手が1位と予想
・注目の吉田輝星選手は指名しないと予想

選手の育成も大事なポイントですが、何よりも目先の勝利が求められる巨人軍。

大変な環境ですが、憧れている選手も一番多い球団だと思います。やはり、凄い人気球団です。

伝統ある巨人軍に、ドラフト1位指名されるのは誰なのか。本当に楽しみですね。

2018年のドラフトは10月25日(木)、17時から開始予定です!

ドラフト特集

ドラフト会議2018はインターネット中継で視聴可能!秋田県はテレビ放送なし

今年もドラフト会議は大注目です! いよいよ運命のドラフト会議の日が近づいていきました。野球人生を左右する日、選手じゃなくてもドキドキですよね。 テレビ放送もありますが、ドラフト会議を楽しむならネット中 ...

続きを見る


根尾昂をドラフト1位で指名する球団は?遊撃手か投手か二刀流継続か?

注目のドラフト会議は25日! 今年のナンバーワン選手は、やはり大阪桐蔭の根尾昂選手ではないでしょうか。 甲子園ではセンバツ、夏と続けて、スーパーな活躍を見せてくれました。 ドラフトでは競合間違いなしで ...

続きを見る


吉田輝星をドラフト1位指名する球団は?傾向から予想すると希望の巨人は…

吉田輝星選手は巨人に入れる? 今年の甲子園のスター、吉田輝星選手がプロ志望届を提出しました。 大学進学から一転、プロへを目指すことになり、今年のドラフトがさらに面白くなります。 吉田輝星投手をドラフト ...

続きを見る


平尾奎太の腎臓の病気(IgA腎症)とは?ドラフト候補の大阪桐蔭出身左腕

ドラフト特番に出演予定!ドラフト指名されますように・・・ 今年のドラフトは社会人が不作といわれています。 しかし、逸材はいるもの。Honda鈴鹿で活躍する平尾奎太選手は、即戦力ピッチャーとしてドラフト ...

続きを見る


渡辺佳明(明大)父親や母・祖父は?野球一家の期待を背にドラフトへ

期待を背負って、指名を待つ! 今年のドラフト候補、明治大学の渡辺佳明(わたなべ よしあき)選手。 野球一家に育ち、祖父が監督しているチームで成長、大学で花開いた選手です。 渡辺佳明選手の父親、母親、祖 ...

続きを見る


中川圭太(PL→東洋大)のドラフト・スカウト評は?プロ入りで母孝行なるか

スポンサーリンク 中川圭太のプロフィール 生年月日 1996年4月15日生まれ 出身地 大阪府阪南市 利き腕  右投げ右打ち 身長・体重 180cm・75kg ポジション 二塁手 打率・本塁打数 大学 ...

続きを見る

関連記事

-野球
-, , , ,

Copyright© あなたに話したいこと , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.