高校野球

八戸学院光星2019野球部メンバーの出身中学一覧と地元比率!

投稿日:

3年ぶり10度目のセンバツ!

青森県八戸市にある私立八戸学院光星高等学校。

秋季東北大会優勝、青森1位の戦績で2019年のセンバツ出場が決定。

球児たちは、東雲高く、きらめく光星のような活躍をみせてくれるに違いありません。

2019年の八戸学院光星高校野球部メンバーの出身中学校と地元比率を調べてみました!

スポンサーリンク

八戸学院光星2019野球部メンバーの出身中学校一覧

2019年の選抜高等学校野球大会に挑む新メンバーです。

位置 選手名 学年 出身中学 球歴
後藤丈海 城陽(大阪) 大阪城東シニア
大山皓仁 加美南(大阪) 大飯加美ボーイズ
近藤遼一 桜井西(奈良) 橿原ボーイズ
伊藤大将 寝屋川九(大阪) 寝屋川中央シニア
下山昂大 弘前四 弘前白神シニア
武岡龍世 鴨島一(徳島) 徳島ホークス
大江拓輝 若江(大阪) 東成シニア
島袋翔斗 古蔵(沖縄) 志村ボーイズ
原瑞都 片塩(奈良) 柏原シニア
山田怜卓 寺戸(京都) 京都東山ボーイズ
横山海夏凪 広徳(長野) 松本ボーイズ
中沢英明 千川(東京) 志村ボーイズ
畑垣聖 南部(和歌山) 和歌山御坊ボーイズ
大野僚磨 道仏 八戸東シニア
丸山雄哉 富雄(奈良) 生駒ボーイズ
小日出斗里 新生野(大阪) 大阪八尾ボーイズ
沢波大和 平群(奈良) 柏原シニア
百沢里空 筒井

地元出身比率

青森県内の中学から八戸学院光星高等学校に進学した部員の比率を紹介します。

地元出身比率は・・・11%

2人が青森県内出身。16人が地元以外からの学校からの進学で、最多は大阪府出身の5名となっています。

スポンサーリンク

八戸学院光星2019野球部メンバーのニュース

チームの売りになるのはやはり打撃力。

頼もしい3番武岡龍世選手、4番近藤遼一選手の秋の成績は、打率4割と好調。

武岡龍世選手は走攻守のレベルが高く、プロも注目する逸材。

二人の活躍が勝利の鍵となるのは間違いない。

 

さらに上を目指すには投手と捕手のレベルアップがポイントになる。

エースは右腕の後藤丈海選手で、ストレートと変化球の組み合わせで打者を翻弄するタイプ。

ボールに威力があるのは、右のサイドスロー投手の横山海夏凪選手。

秋の正捕手は肩が強く、リードに長けた中沢英明選手だったが、正捕手争いも直前まで混沌としている。

 

八戸学院光星は、甲子園出場10大会連続で初戦を突破の名門。

しかし、直近4大会は1回戦より先に進めずにいる。

まずは初戦を突破し、2014年依頼となる2勝目も期待したい。

スポンサーリンク

八戸学院光星2019野球部メンバーに対する声

関連記事

-高校野球
-,

Copyright© あなたに話したいこと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.