時事ニュース

丸山穂高議員の学歴・経歴と禁酒破りも辞職しない理由は?過去には不祥事も

投稿日:

維新の所属議員がとんでもない言葉をつかってしまいました。

日本維新の会の丸山穂高衆院議員が、北方四島の「ビザなし交流」の訪問団に同行。

その際に「戦争しないとどうしようもない」などと言ったそうです。

議員という立場、日本の憲法をまるで分かっていない発言。

許せないという声が多数あがっています。

丸山穂高議員はどのような人物なのでしょう。

学歴・経歴や過去の禁酒宣言などを、調べてみました。

スポンサーリンク

丸山穂高議員の学歴・経歴

名前:丸山 穂高 (まるやま ほだか)
生年月日:1984年1月10日
血液型:A型
出身:大阪府
身長:176センチ
趣味:登山、温泉、座禅
座右の銘:誠意、万策に勝る
https://www.h-maruyama.jp/profile

丸山穂高議員は大阪市堺市で出生。

名前の由来は、長野県にある北アルプス穂高岳からということだそうです。

自然の雄大さ、魅力、厳しさ…そんな思いが巡るいいなまえですね。

 

また、丸山穂高議員は、後天性の原因により片耳難聴という病気を持っておられるようです。

政治活動の様子などを拝見する限り、特にそのような病気をお持ちだとは気づかないですね。

 

丸山穂高議員の学歴は?

出身高校:西大和学園高等学校(奈良)
出身大学:東京大学経済学部(東京)  

丸山議員の出身校は奈良県北葛城郡河合町にある私立西大和学園

東大・京大合格者数で上位にあがる、近畿の有名な私立高校です。

2019年も東京大学に22名、京都大学に21名が現役で合格しています。

丸山議員もその一員ということで、立派なものですね。

 

大学は東京大学経済学部

やはり議員になるだけあって、非常に優秀な方ですね。

才覚もあり、野心も強かったのではと想像します。

 

丸山穂高議員の経歴は?

2006年 経済産業省に入省。2009年に退官。
2009年 財団法人松下政経塾に入塾し、2012年に卒塾[4]。
2012年 第46回衆議院議員総選挙で大阪19区において初当選
2014年 第47回衆議院議員総選挙で再選
2015年 おさか維新の会の結党に参加
2017年 第48回衆議院議員総選挙で再選

丸山穂高議員は元官僚だったんですね。

しかし、3年で退官し、政治家を志されます。

そして、28歳の若さで初当選。全国でも最年少議員3名の中の1人でした。

若く有望な政治家だったわけです。

 

所属政党は日本維新の会。

日本維新の会の代表は、現大阪市長の松井一郎氏です。

丸山穂高議員は松井一郎氏に噛み付いたこともありました。

丸山氏は衆院選での低迷を理由に、日本維新の会の代表選の実施を求めた。維新は衆院選での総獲得議席数が11にとどまり、公示前の14を割り込んでいた。

このため丸山氏は24日、松井一郎代表(大阪府知事)の進退をめぐり、「これまで一度も代表選の機会がない維新」などとツイート。「松井(一郎)代表が再び再選してもしなくても、堺・衆院選総括と代表選なしに前に進めないのでは」などと投稿した。

 
このツイートで、維新の元代表であった橋下徹氏が大激怒。

ボケ、ボケと連発。

丸山穂高議員は当選しているのは、松井一郎氏のおかげだと。

丸山穂高議員は、以前から発言が問題にあがる傾向があったのは確かなようです。

スポンサーリンク

丸山穂高議員が禁酒破りでも辞職しない理由は?

2015年末、東京都大田区のJR蒲田駅周辺にて飲酒した後に複数の男性らともみ合いになり、相手の手を噛むトラブルを起こした。丸山自身も足の骨にひびが入り、聴こえていた右耳の鼓膜が破れるなどの全治6週間のけがを負ったほか、騒動については「居酒屋から出てきたところ、複数の人間に絡まれて口論になった。先に殴打されて首を絞められたので、死ぬかと思い反射的に手を噛んだ」と説明した。両者ともその後に警察へ行き、ともに被害届などは出さないということで和解。その後党幹事長より厳重注意を受け、丸山は「公職にいる間は断酒する」と陳謝し、再度飲酒した場合は議員辞職する意向を示した。
Wikipedia

丸山穂高議員は2015年に、不祥事起こした際に禁酒の誓いを立てておられます。

公職にいる間は断酒する」「再度飲酒した場合は議員辞職する

このような考えで、議員を続けていたはずです。

 

しかし、この度の問題発言。

戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」などと大声で質問し、「戦争はすべきではない」と答えた団長に対し「戦争しないとどうしようもなくないですか」等と発言した。

しかも、酒に酔った状態でこのような発言。

議員として不適格なのは言うまでもないでしょう。

自らの発言どおり、議員辞職をしてけじめをつけるのが筋ではないでしょうか。

 

しかし、今のところ丸山穂高議員に辞職の考えはないようです。

所属する日本維新の会は、丸山穂高議員の除名処分を発表。

しかし、丸山議員は無所属で活動する意向を示しています。

 

その理由としては、コメントにあるように「残りの政策の実現に向けて一つ一つ前に進めてまいります」ということなんでしょう。

しかし、ここまで問題になってしまえば、まともな議員活動は不可能ではないでしょうか。

政策の実現は難しいと言わざるを得ません。

 

そして、何より丸山穂高氏に議員の資格があるのかが問題です。

一体どういう態度なんでしょうか。

本当に、国民を代表する議員である資格がないと思います。

スポンサーリンク

おわりに

今回は衆議院議員の丸山穂高議員の学歴や経歴についてみてきました。

丸山穂高議員は、今回の発言で多くの人にバッシングを受けることとなりました。

まだ無所属で活動するようですが、議員辞職をするべきだと思います。

これは、丸山穂高氏の未来を奪うものではありません。

然るべき筋を通して、再出発すべきなのです。

今後の丸山穂高氏の動向に、注目していきたいと思います。

リンク広告

関連記事

-時事ニュース
-, ,

Copyright© あなたに話したいこと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.