時事ニュース

飯塚幸三が逮捕されない理由は上級国民だから?息子は誰でどうしてるのか…

投稿日:

またしても高齢者による運転事故で、痛ましい事件が起こってしまいました。

2019年4月19日に池袋で起きた自動車事故。

31歳の女性と娘の3歳の幼児の命が失われてしまいました。

運転していたのは87歳になる高齢の男性でした。

重大事故であるため一斉に報道がされていますが、その報道に違和感を覚えませんでしたか?

その違和感は、事故を起こした運転手が●●容疑者ではなく、●●さんと「さん」付けであったことではないでしょうか。

これは容疑者でないということは、逮捕されていないということなのでしょう。

なぜ、事故を起こした人物は逮捕されていないのか、なぜ「さん」付けなのか、その理由を調べてみました。

スポンサーリンク

人身事故を起こしたら必ず逮捕される?

命を失われた二人の方に、心よりご冥福をお祈りします。

通常、人の命が失われるような重大事故の場合、事故を起こした運転手は現行犯逮捕され、容疑者として扱われます。

しかし、今回の事故では逮捕されず、ニュースでも事故を起こした人物を「さん」付けで報道していました。

一体、なぜなのでしょうか?

 

事故を起こしても逮捕されない場合がある?

確かに交通事故を起こした場合、必ずしも逮捕されるというわけではありません。

物損事故や軽微な人身事故の場合は、その場で逮捕されることはなく在宅での捜査が進められることが多いようです。

また、人身事故についても逮捕の必要性がなければ、在宅捜査になる場合があるようです。

・逃亡の恐れがない
・証拠隠滅のおそれがない

このような場合は、身柄を拘束されることなく、在宅捜査になる可能性もあります。

今回はこのような判断で、在宅捜査になっているのかもしれません。

しかし、今回の事件は90km近くで暴走し、複数の人の命が失われた重大事故です。

なにか違和感を覚えます。

 

昨年、神奈川で90歳の女性が人身事故を起こしています。


 

運転していた女性は、今回の事故を起こした男性よりも高齢の90歳。

逮捕され、容疑者として報道されました。

今回の事故との違いはあるのでしょうか?

 

上級国民だから忖度された?

事故を起こした人物は、「飯塚幸三」さんという方であるとニュースで報道されています。

この飯塚幸三さん。とんでもない職歴の持ち主でした。

 

東京大学を卒業後、旧通産省入り。

元工業技術院長を務めたあとは、農機メーカー大手クボタの副社長に就任。

いわゆる天下りというものでしょう。

また、下記の役職を歴任するなど、かなり優秀な方だったようです。

・国際度量衡委員
・国際度量衡委員会副委員長
・計量研究所長
・国際計測連合会長
・日本計量振興協会会長
・計測自動制御学会会長
・機械振興協会会長
・日本規格協会理事

さらに、平成27年には公共的な職務に対する貢献に対して、瑞宝重光章(ずいほうじゅうこうしょう)を受章されています。

本当に輝かしい人生を送ってこられた方ですね。

 

今回、事故を起こした人物が、上記のような元官僚で勲章を授与されたような方だったのでSNSではこんな声が挙がっています。


 

逮捕されず、「さん」づけなのは、上級国民だから。

上級国民という言葉をどう解釈してよいのかわかりませんが、なんらかの忖度が働いているのかもしれません。

もちろん信じたくはありませんが…

 

下記のように、冷静に分析される方も。

 
今後の捜査を、注意深く見守りたいと思います。

スポンサーリンク

飯塚幸三さんは認知症で罪に問われない?

事故を起こした運転手は、87歳の高齢者。

仮に重度の認知症であったならば、責任能力がなく罪に問われない可能性もあります。

 

事故を起こした車には運転手の男性とその妻が同乗していました。

ドライブレコーダーには、会話が残されていたようです。

母子2人が死亡した池袋の暴走事故。ドライブレコーダーの記録内容が分かりました。運転していた87歳男性が、妻の「危ないよ、どうしたの」との問いに「あー、どうしたんだろう」応じていました。直後に道路左側の柵に接触したとみられます。

この会話から、運転手は認知症ではないかと憶測が流れているようです。

もちろん、ちゃんとした検査がなされると思いますので、勝手な判断は危険でしょう。

 

あとの祭りではあるのですが、本当に残念すぎます。

 

息子は特定された?

事故を起こした飯塚幸三さんですが、直後に息子さんに電話をされたようです。

そして、その後本人のSNSがすべて削除。

事故を起こした直後の87歳の高齢者が、身元の拡散防止のために削除したとは考えにくい。

おそらく、事故の報告を受けた息子さんが手を回したのでしょう。

 

父親がこれだけの経歴をもった人物。

息子も相当の地位にいる方なのではないでしょうか。

ネットでは、飯塚幸三さんが副社長をつとめたクボタの関連会社であるクボタアグリサービス株式会社の社長ではないかと噂されています。

まだ、確たる証拠がないので名前までは伏せておきます。

スポンサーリンク

おわりに

今回は池袋で起きた自動車事故についてみてきました。

様々な事情があったにせよ、87歳まで運転させていた家族にも問題がありますね。

運転していた人物は、交通機関の発達した都会に住み、裕福であった。

自ら運転しなくてもよい環境があったにもかかわらず自動車を運転し、最悪の結末を迎えてしまった。

高齢者の運転問題。

しっかりと考えていかなければならないと思いました。

リンク広告

関連記事

-時事ニュース
-, ,

Copyright© あなたに話したいこと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.