香川ゲーム条例は違反するとどうなる?努力義務の意味するところ

香川県でゲーム条例なるものが誕生するかもしれません。

子供のゲーム依存に対する、行政の取り組みとして制定が考えられています。

親に対する努力義務になるとのことですが…

このゲーム条例に違反するとどうなるのか、調べてみました。

スポンサーリンク

香川県でゲーム条例案

香川県で、全国初のゲームを対象とした条例が制定されそうです。

その内容は、子供のゲームの時間に関して、保護者にコントロールさせるというもの。

ゲームの時間は1日1時間で、主にスマホゲームを想定しているとのこと。

この条例は、まだ案であり、2020年4月の施行を目指しています。

かなり批判が出そうな条例ですので、今後どうなるかは不透明ですね。

スポンサーリンク

ゲーム条例に違反するとどうなる?

このゲーム条例に罰則はあるのでしょうか。

条例により課せられる罰則は、地方自治法14条第3項の規定により、2年以下の懲役・禁錮、100万円以下の罰金、拘留、科料もしくは没収(以上刑罰)又は5万円以下の過料に制限されている。 刑罰を定めるには、法律の授権が相当程度に具体的であり、限定されていることが必要である(最高裁判例)。

Wikipediaより

もちろん条例に罰則を定めることはできますが、香川県のゲーム条例は親に努力義務を課すもの。

罰則はなく、子供が1日1時間以上ゲームをしていたからといって、罰金などを支払わなければならないといったことにはならないでしょう。

スポンサーリンク

努力義務とは?

努力義務(どりょくぎむ)とは、日本の法制上「〜するよう努めなければならない」などと規定され、違反しても刑事罰や過料等の法的制裁を受けない作為義務・不作為義務のことである。 遵守されるか否かは当事者の任意の協力にのみ左右され、またその達成度も当事者の判断に委ねられる。

Wikipediaより

このゲーム条例は努力義務のため、実効性にかけるという批判があります。

果たして条例で定まったからといって、どれだけの親が子供にゲームの時間を守らせるのでしょうか。

たしかに子供のスマホ依存は問題となっていますが、普通の親ならある程度のしつけはしているものでしょう。

努力義務になったからといって、やるものでもないと思います。

スポンサーリンク

ゲーム条例に効果はある?

このゲーム条例についてはかなり批判が集まっていますね。

ゲームは1日1時間というと、やはりゲーム名人の高橋名人の言葉が思い出されます。

高橋名人も、押し付けはよくないと思っているようです。

行政が決めても、家庭内で守れるかはかなり疑問ですよね。

ゲーム条例、効果のほどは薄いかと思われます。

タイトルとURLをコピーしました