錦織圭がダンテコーチと契約解消した理由「新しい声」とは?

tennis

錦織圭選手が9年間契約していたコーチと別れを告げました。

その人物は、ダンテ・ボティーニさん。

錦織圭選手のコーチといえばマイケル・チャン氏が有名ですが、ダンテさんはマイケル・チャンさんが加入する前からコーチを務めていた人物です。

結果がすべての世界でコーチ変更も普通に見られる中、錦織圭選手とダンテさんの歩みは、実に9年。

錦織圭選手がダンテコーチと契約解消に至った理由を調べてみました。

スポンサーリンク

錦織圭がダンテコーチと契約解消した理由

翻訳:9年間にわたって文字どおり毎日毎日一緒にトレーニングしてきて、新しい声を聞く時が来たと決断しました。私のキャリアにおけるダンテの貢献に感謝するとともに、私たちはこれからも親友であり続けます。これまでの9年間と私たちの友情に感謝します。

Twitter

錦織圭選手の発表を見る限り、今回の契約解消は円満なものであることがわかります。

契約解消する場合、不仲になったり、金銭的な問題があったり、コーチとしての能力不足だったりと、マイナスイメージなことも考えられます。

しかし、今回の場合はそうではないということですね。

では、なぜ9年もの間連れ添ったコーチと別れを告げるのでしょうか。

理由としては、やはり錦織圭選手自身の声にあります。

「新しい声を聞くときが来た」

月並みな言葉ですが、やはり「変化を求めるべき」だと錦織圭選手が悟ったということになります。

錦織圭選手の現状

錦織圭選手は、今年30歳になります。

最新ランキングは9位。

ATP500のタイトルはあるものの、グランドスラムはおろかマスターズ1000のタイトルも取れていません。

そして、現在は右肘の故障で休養中です。

錦織選手は、2014年に全米オープン準優勝、2015年に日本人歴代最高位である4位に登りつめました。

その後、怪我や不調がありつつも、今年は3年ぶりのタイトルに輝きました。

しかしながら、2014~2016年のときと比べると、やはり陰りが見えていると言わざるをえません。

ダンテ・ボティーニコーチとの歩み

錦織圭選手とダンテ・ボティーニさんの出会いは、アメリカのテニスアカデミーの頃。

その後、2011年からコーチに加入し9年。

ダンテコーチは、練習だけでなく、精神面もサポートしていたようです。

「マイケルは、相当口うるさい。正直、圭とマイケルの性格はあまり合っていないと思う。ただ、圭には経験にもとづいた説得力のあるマイケルのアドバイスが必要。一方、ダンテのようなイージーゴーイング(楽観的なタイプ)が、圭は大好き。だからダンテもいないとダメ。ダンテとマイケル、ふたりのコーチの指導がうまくミックスできているので、最高のチームになっている気がします」

https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/otherballgame/tennis/2014/05/28/post_287/index_2.php

錦織圭選手とダンテコーチ。

素晴らしい関係であったことは間違いないのですが、今回、契約解消となりました。

いいときもあれば、悪いときもあった。

ランキングは10位以内をキープしているけど、グランドスラムはとれていない。

ジョコビッチ選手やフェデラー選手、ナダル選手を倒すためには何が必要なのか。

それが「新しい声」なのでしょう。

非常に寂しい気もしますが、錦織圭選手が30歳を目前として、再びさらなる高みを目指すことを決意したともとれます。

これが、今回のコーチ解消の理由でしょう。

変化を求めたことは喜んでいいことだと思います。

後任のコーチが気になりますが、この変化が良いきっかけになるでしょう。

錦織圭選手の活躍を期待しましょう。

スポンサーリンク

ダンテコーチと契約解消に世間は?

怪我をしたり、不調になるたびにコーチを変えるべきだと言われていた錦織圭選手。

しかし錦織選手はガンコなところもあり、人の話を聞かないとも言われていました。

その錦織選手が、今回このような決断を下したことで、世間でも驚きが広がっているようです。

スポンサーリンク

まとめ:錦織圭がダンテコーチと契約解消した理由

・ダンテコーチとは円満な契約解消

・契約解消の理由は「新しい声」

・30歳を目前に新たな決意をしたと思われる

最近は、男子テニスも日本人選手の活躍が目立ってきました。

しかし、錦織圭選手の域にはまだまだ及びません。

日本人初のグランドスラムのウイナーは、錦織圭選手だと信じて疑いません。

錦織圭選手の新たな出発に拍手を贈りたいと思います。

Let’s go Nishikori!

タイトルとURLをコピーしました