高校野球

啓新2019野球部メンバーの出身中学一覧と地元比率!

投稿日:


初出場!春夏通じてはじめての甲子園に挑む

福井県福井市にある私立啓新高等学校。

秋季北信越大会準優勝、福井県3位の戦績で2019年の選抜高校野球大会出場が決定。

可能性への挑戦を続ける啓新の球児たちは、どんな活躍をみせてくれるのでしょうか?

2019年の啓新高校野球部メンバーの出身中学校と地元比率を調べてみました!

スポンサーリンク

啓新2019野球部メンバーの出身中学校一覧

2019年の選抜高等学校野球大会に挑む新メンバーです。

位置 選手名 学年 出身中学 球歴
安積航大 大江(京都) 福知山ボーイズ
穴水芳喜 石和(山梨) 甲府南シニア
浜中陽秀 城北(京都) 舞鶴ボーイズ
幸鉢悠樹 大飯 若狭ボーイズ
刀根宗太郎
山沢太陽 三郷北(埼玉) 草加ボーイズ
竹原翔 高浜 若狭高浜ボーイズ
小野田渉冴 川中島(長野) 平曲ボーイズ
古川剛 園部(京都) 京都嵐山ボーイズ
浦松巧 大飯 若狭高浜ボーイズ
倉橋瞳人 大江(京都) 福知山ボーイズ
田中元気 粟津(滋賀) 湖南グラブ(軟式)
宮村和暉 瀬田(滋賀) 滋賀栗東ボーイズ
森下晶登 樫原(京都) 京都西京極ボーイズ
中村勇斗 芦原 福井ボーイズ
内外 矢野誠也 高穂(滋賀) 湖南グラブ(軟式)
内外 鈴木聖矢 積志(静岡) 浜松ボーイズ
川端奉己 鷹巣

地元出身比率

福井県内の中学から啓新高等学校に進学した部員の比率を紹介します。

地元出身比率は・・・33%

6人が福井県内出身。12人が地元以外からの学校からの進学で、最多は京都府の中学出身の5名となっています。

スポンサーリンク

啓新2019野球部メンバーのニュース

選抜への道に大きな力となったのが、投手陣の踏ん張り。

長身のエース安積航大選手は140km超えのストレートに加え、変化球も巧み。

9回を投げきるスタミナが課題だが、最初から全力で飛ばすのも手だ。

 

エースの後を抑えるのは技巧派の浦松巧選手。

サイドスローから緩急をつけたピッチングのできる投手だ。

秋は23回2/3を投げて防御率0.00と頼もしい限りだ。

 

攻撃面では大きく目立つ選手はいないが、4番竹原翔選手、5番小野田渉冴選手を中心にシェアなバッティングを心がける。

なかなか大きい当たりは望みにくいが、甲子園は何が起こるかわからない一発勝負。

ラッキーボーイの出現を期待したい。

スポンサーリンク

啓新2019野球部メンバーに対する声

関連記事

-高校野球
-, ,

Copyright© あなたに話したいこと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.