岸本大紀(青学)は兄弟で陸上選手!高校時代の記録をチェック

青山学院大学陸上部に所属する岸本大紀(きしもと ひろのり)選手。

2020年箱根駅伝の2区にエントリーされました。

1年生にして、花の2区の走者となる大抜擢。

原晋監督によると「歴代で1番」とべた褒めする逸材のようです。

岸本大紀選手は兄弟で陸上選手ということで、お兄さんのことも含めて調べてみました。

スポンサーリンク

岸本大紀選手のプロフィール

まずは岸本大紀選手のプロフィールから紹介します。

岸本大紀(きしもと ひろのり)

2000年10月7日生まれ

身長172cm、体重55kg

新潟県燕市出身

燕市立分水中学校・新潟県立三条高校卒

岸本大紀選手の出身地は新潟県の燕市。

新潟県の中央あたりに位置する人口約7.7万人の市で、洋食器の生産が盛んな工業都市です。

岸本大紀選手はお兄さんの影響で、小学生のときから陸上競技に親しんでいたようです。

分水ジュニア陸上クラブに所属し、中学3年生時に全国中学校体育大会に出場。

12位という記録でしたが、すでに全国大会に出場する逸材だったわけです。

その後、新潟県立三条高校に進学し、もちろん陸上競技部に所属。

好記録を連発し、現在の青山学院大学の原晋監督にスカウトされたという経歴です。

スポンサーリンク

兄の岸本克佳は大阪大学陸上部出身

岸本大紀選手の4歳上のお兄さんは、大阪大学陸上部に所属していた岸本克佳さん。

お兄さんも長距離の選手として活躍されていたようです。

ただし、ランナーとしての才能は弟の岸本大紀選手のほうが上。

大阪大学4年時の関西大学駅伝では、7区を走って12位という結果が残っています。

現在はどうされているのかはわかりませんが、幼いときから一緒に陸上競技に親しんでいた弟の活躍を喜んでいるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

岸本大紀選手の高校時代の記録

高校2年時には、青学の原晋監督にスカウトされていたという岸本大紀選手の記録を見てみましょう。

新潟県の高校総体では無双と呼べる活躍を見せていました。

5000mで1年から3年まで優勝し、3年のときには12年ぶりの県記録更新となりました。

さらにその年は、1500mでも県記録を更新して優勝する活躍。

しかしながら、全国レベルでは苦戦。

3年時のインターハイでは1500m予選で16位。5000m予選で19位。

そして、全国高校駅伝でも2年連続県大会で3位。

しかし、トップレベルの選手を育ててきた青学の原晋監督がスカウトした選手ですから、相当に光るものがあったのでしょうね。

スポンサーリンク

岸本大紀選手の大学時代の記録

箱根駅伝で1年生にしてエントリーされた岸本大紀選手。

高校では全国のトップレベルに届きませんでしたが、大学で躍進を見せています。

7月6日に行われた東海大記録会では5000m14組で1位。

14.06で自己ベスト更新し、全体でもトップ。

そして10月14日に行われた出雲駅伝で、2区走者として抜擢。

ここでなんと区間賞という快走を見せます。

11月3日に行われた全日本大学駅伝でも、引き続き2区走者として出場。

記録は区間5位の31分51秒(11.1km)でした。

そして、箱根駅伝でも2区走者に決定!

チームとしても5位、2位と優勝を逃していますので、岸本大紀選手の快走によってチームを助けたいところです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、青山学院大学陸上部の岸本大紀選手に注目してみました。

箱根駅伝の花の2区に抜擢されたということで、かなりの注目を集めると思います。

しかし、まだ1年生ですので、暖かく見守りましょう。

とはいえ、青山学院大学の原晋監督がべた褒めする選手でもあるので、これからの活躍が本当に期待されますね。

引き続き、注目していきましょう!

タイトルとURLをコピーしました