高校野球

広陵2019野球部メンバーの出身中学一覧と地元比率!

投稿日:

6年ぶり24度目のセンバツ!

広島県広島市にある私立広陵高等学校。

秋季中国大会優勝、広島県1位の戦績で2019年の選抜高校野球大会出場が決定。

おのが性に強く生きる広陵の球児たち。必ずや華々しい活躍を見せてくれることでしょう。

2019年の広陵高校野球部メンバーの出身中学校と地元比率を調べてみました!

スポンサーリンク

広陵2019野球部メンバーの出身中学校一覧

2019年の選抜高等学校野球大会に挑む新メンバーです。

位置 選手名 学年 出身中学 球歴
河野佳 大州 広島南シニア
秋山功太郎 足守(岡山) 岡山西シニア
金沢礼大 大州 広島南シニア
中冨宏紀 矢野 呉中央シニア
渡部聖弥 府中 全府中野球倶楽部(軟式)
宗山塁 三良坂 高陽スカイバンズ
児玉日出夫 二葉 段原少年野球クラブ(軟式)
藤井孝太 牛田 ヤングひろしま
中村楓大 灘(山口) 広島安佐ボーイズ
石原勇輝 川尻 府中広島’2000
森勝哉 高陽(岡山)
鉤流大遂 大塚 広島スターズ(軟式)
新大吉 北溟(鳥取) 倉吉ボーイズ
岑幸之祐 縄手北(大阪) 枚岡ボーイズ
村上太朗 国泰寺 広島南シニア
馬場俊輔 大淀(京都) レッドスターBBC
渋谷拓磨 精華 至誠グラフ(軟式)
姜晧栄 小松川二(東京) 浦和中央ボーイズ

地元出身比率

広島県内の中学から広陵高等学校に進学した部員の比率を紹介します。

地元出身比率は・・・61%

11人が広島県内出身。7人が地元以外からの学校からの進学で、最多は岡山県の中学出身の2名となっています。

スポンサーリンク

広陵2019野球部メンバーのニュース

過去3度のセンバツ優勝を誇る、名門広陵。

今年のメンバーもレベルが高く、総合力で優勝を目指す。

名将中井哲之監督の采配にも注目だ。

 

エースは本格右腕の河野佳選手。

最速148kmのストレートに、変化球もキレがある。

左腕の石原勇輝選手、森勝哉選手も河野選手に劣らない逸材。

力のあるストレートを投げることができ、互いに競い合っている。

 

勝負強い打撃をみせる、中村楓大選手が4番。

秋の公式戦ではチームトップの打点を稼ぎ、勝利に貢献。

センバツでも爆発を期待する。

スポンサーリンク

広陵2019野球部メンバーに対する声

関連記事

-高校野球
-,

Copyright© あなたに話したいこと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.