平昌オリンピック

女子マススタートはいつ?平昌オリンピック・スピードスケートの展望

投稿日:

news.yahoo.co.jp

スピードスケート女マススタートに日本代表選手が出場します。
 
その日程・時間と代表選手、展望をご紹介します。
 
スピードスケートのマススタートは平昌オリンピックの新種目となります。
 
スピードスケートは小平奈緒選手が金と銀、高木美帆選手が銀と銅メダルを獲得し、さらにこのマススタートでもメダルが期待されています。
 
マススタートは個人競技でありながら、チーム戦略も必要。駆け引きや、接触、転倒も考えられる、スピードと持久力だけではない競技です。

新しく五輪種目となったスピードスケート女子マススタートに注目です。

スポンサーリンク

スピードスケート女子マススタートの日程・時間


 
平昌オリンピックのスピードスケート女子マススタート予選と決勝の日程です。
 

・2月24日(土)20:00 女子マススタート【準決勝】放送:フジテレビ系
・2月24日(土)21:30 女子マススタート【決勝】放送:フジテレビ系

(時間は日本時間です)
 
日本代表は、高木美帆選手、高木菜那選手、佐藤綾乃選手が出場します(内1名は控え)。
 

スピードスケート女子マススタートの展望

日本勢はこの種目でも十分にメダル獲得の可能性が考えられます。昨年の2月に行われた世界距離別選手権のマススタートで高木菜那選手が銀メダル。
 
さらに、今季のワールドカップでは佐藤綾乃選手が優勝、高木菜那選手も3位を記録。誰が出てもメダルを取れる位置にいると言えます。
 
マススタートは駆け引き、そして2人1組で滑る協力体制が必要となるため、レースを引っ張る役割を担うであろう高木美帆選手にかかる期待も大きいです。
 
有力な海外勢は地元韓国代表のキム・ボルム選手。しかし、今大会のチームパシュートでの失敗、言動が話題となり、謝罪会見にまで発展。その影響は少なくないと思われます。
 
他には強豪国オランダのイレーネ・スホーテン選手や、今季ワールドカップで好成績を残しているカナダのイバニー・ブロンディン選手、イタリアのフランチェスカ・ロロブリジーダ選手も有力視されています。
 
ボディコンタクトも少なからずあるエキサイティングなマススタート。日本勢のメダルを期待して、最後まで応援したいと思います!

スポンサーリンク

スピードスケート5000m女子決勝・日本代表選手

高木 菜那(たかぎ なな)

北海道出身の1992年生まれ。高木美帆選手の姉。
 
今大会はチームパシュートとマススタートでのメダルを狙う。
 
個人種目では納得のいく成績ではなかっただけに、残りの種目に燃えていると思います。妹美帆選手に続くメダルをとってほしい!
 

高木 美帆(たかぎ みほ)

1994年生まれ、北海道出身。高木菜那選手の妹。
 
マススタートではレースを作る役割で、一緒に滑る選手をサポート。
 
日本勢の活躍は高木美帆選手にかかっています。さらなるメダルを期待!
 

佐藤 綾乃(さとう あやの)

1996年生まれ、北海道出身。
 
チームパシュート予選ではミスも出たが、決勝ではやってくれるはず。
 
スピードスケートの若きホープの躍進に期待しています!

スポンサーリンク

2018夏の甲子園出場校【出身中学と地元比率】

2018夏の甲子園出場校【出身中学と地元比率】

代表56校、全掲載 北海道 北北海道 南北海道 東北 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島 関東 茨城 栃木 群馬 北埼玉 南埼玉 東千葉 西千葉 東東京 西東京 北神奈川 南神奈川 山梨 北信越 新潟 ...

続きを見る

関連記事

-平昌オリンピック
-, ,

Copyright© あなたに話したいこと , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.