高校野球

松山聖陵2019野球部メンバーの出身中学一覧と地元比率!

投稿日:

2年連続2度目のセンバツ!

愛媛県松山市にある私立松山聖陵高等学校。

秋季四国大会準優勝、愛媛県3位の戦績で2019年の選抜高校野球大会出場が決定。

礼儀・信義・明朗、松山聖陵の球児たちは、どんな活躍をみせてくれるのでしょうか?

2019年の松山聖陵高校野球部メンバーの出身中学校と地元比率を調べてみました!

松山聖陵2019野球部メンバーの出身中学校一覧

2019年の選抜高等学校野球大会に挑む新メンバーです。

位置 選手名 学年 出身中学 球歴
根本大蓮 拓南
岸田明翔 芝谷(大阪) 高槻ボーイズ
宮川清次 西宇治(京都) 京都東山ボーイズ
渡部龍弥 松山西
坂本幸成 港南
田窪琉風 名護(沖縄)
新城健太朗 浦添(沖縄)
折田玲 西落合(兵庫) 神戸美蹴館ロケッツ
秀平琉晟 如是(大阪) 高槻ボーイズ
佐野幸輝 梶(大阪) 大阪畷ヤング
湧川輝星 小禄(沖縄) 那覇ボーイズ
平安山陽 大宮(沖縄)
高松亨有 精華西(京都) 南都ボーイズ
大村佑希 雄新
後藤響 雄新
小川諒大 岩倉(愛知) 東海スラッガーズ
内外 川口端午 高槻六(大阪) 高槻ボーイズ
金城善太 那覇(沖縄)

地元出身比率

愛媛県内の中学から松山聖陵高等学校に進学した部員の比率を紹介します。

地元出身比率は・・・27%

5人が愛媛県内出身。13人が地元以外からの学校からの進学で、最多は沖縄県の中学出身の5名となっています。

スポンサーリンク

松山聖陵2019野球部メンバーのニュース

選抜出場が決定後、不祥事が発覚。

監督の部内暴力が発覚して2ヶ月の謹慎処分となり、大会で采配をとることができなくなった。

中本コーチが指揮をとることになるが、一致団結して甲子園初勝利を掴んでほしい。

 

エースは長身右腕の根本大蓮選手。

スリークォーターの平安山陽選手、技巧派の高松亨有選手らとともに継投を駆使してチーム全体で戦っていく。

 

打の中心は4番の折田玲選手。

秋の公式戦でチーム最多打点を上げるとともに、足も使える選手。

しぶとい打撃が見せられれば、勝利も近づくだろう。

スポンサーリンク

松山聖陵2019野球部メンバーに対する声

リンク広告

関連記事

-高校野球
-,

Copyright© あなたに話したいこと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.