高校野球

明豊2019野球部メンバーの出身中学一覧と地元比率!

投稿日:

10年ぶり3度目のセンバツ!

大分県別府市にある私立明豊高等学校。

秋季九州大会準優勝、大分県1位の戦績で2019年の選抜高校野球大会出場が決定。

夢・勇気・愛、明豊の球児たちは、華々しい活躍を見せてくれることでしょう。

2019年の明豊高校野球部メンバーの出身中学校と地元比率を調べてみました!

明豊2019野球部メンバーの出身中学校一覧

2019年の選抜高等学校野球大会に挑む新メンバーです。

位置 選手名 学年 出身中学 球歴
若杉晟汰 明豊
成田武蔵 向島東(京都) 京都南山城ボーイズ
野上真叶 明豊
表悠斗 緑ヶ丘
野辺優汰 明豊
宮川雄基 安心院 別府ボーイズ
布施心海 豊中一(大阪) 豊中シニア
山田昭太 蒲江翔南 佐伯ボーイズ
藪田源 豊洋 大分ブレーブズ
大畑蓮 明豊
狭間大暉 淙久見一 大分南シニア
賀来竜馬 安心院 別府ボーイズ
青地七斗 喜志(大阪) 河南シニア
中尾圭 臼杵西 大分シニア
後藤杏太 長栄(大阪) 枚岡ボーイズ
川原颯起 明豊
井上功介 孔舎衙(大阪) 枚岡ボーイズ
岡本欧佑 明豊

地元出身比率

大分県内の中学から明豊高等学校に進学した部員の比率を紹介します。

地元出身比率は・・・72%

13人が大分県内出身。5人が地元以外からの学校からの進学で、最多は大阪府の中学出身の4名となっています。

スポンサーリンク

明豊2019野球部メンバーのニュース

九州大会の全4試合で2桁安打を記録するなど、ウリは全国レベルの強打。

切れ目のない打線で甲子園4強を目指す。

 

打撃の中心は、ここ一番に強い4番野辺優汰選手。

前チームから主砲を任され、秋のチーム内打点王。

主砲につなげるのは野上真叶選手、宮川雄基選手、布施心海選手の2年生3人。

いずれも4割を超える高打率を記録。

センバツでも活躍が期待される。

 

投手陣の中心は、2年生左腕の若杉晟汰選手。

切れ味で勝負するタイプで、秋の主戦を任された。

長身右腕の大畑蓮選手、本格派の狭間大暉選手が続き、チーム内での競争も激しい。

スポンサーリンク

明豊2019野球部メンバーに対する声

リンク広告

関連記事

-高校野球
-,

Copyright© あなたに話したいこと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.