スポーツ全般

日大・内田正人監督の指示内容とは?大学アメフトレイトタックル問題

更新日:

J-CASTニュース

本当なら永久追放もありえるのでは・・・

日大が引き起こした危険タックル問題。

焦点は、監督の指示があったのか、なかったのか。

当初は、監督の指示があったという報道がされていたと思いますが、その後行われた日大の調査では、監督の指示は無かったと発表。

一体、監督である内田正人氏の指示はどのようなものだったのか、調べてみました。

スポンサーリンク

内田正人監督の指示はどのようなものだったのか

日大側は、故意のタックルを全否定。

監督が選手へ「タックルに行け」といった指示は無かったと発表されました。

 

では、この悪質なタックルについて、内田正人監督はどのように答えているのか。

「(守備選手に)頑張れと言い、その受け止め方が、あのプレーにつながってしまったのかな」

しかし、そのようなレベルではないのは明らかです。

内田正人監督の言い分では、選手が悪いと言っているように聞こえます。

 

この日大のタックルの問題は、当初はさほど注目されていなかったように思います。

当初のニュースでは、内田正人監督の指示があったように言われていました。

 

日刊スポーツの記事では、内田正人監督の話として、

「選手も必死。あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」

とあります。

完全に、監督自身がタックルをさせたことを認めています。

 

さらに、内田正人監督の話ではありませんが、チーム関係者は監督からタックルの指示があったことを話しています。

日大の内田正人監督は試合前、コーチや選手が集まるミーティングで「最初のプレーで相手のQBにけがをさせる。何か言われたら『監督の指示』と言っていい」との趣旨で選手の名前を挙げ、指示をした。

「最初のプレーで相手のQBにけがをさせる。」

これが内田正人監督の指示なら、大変なことです。

現在は全否定という形での発表となっていますが、本当のところはどうなのでしょうか。

監督自身が説明する義務があると思います。

スポンサーリンク

内田正人監督のタックル指示に対する世間の反応

サッカーなどでも、後からタックルにいってしまう、いわゆるレイトタックルはしばしばあります。

しかし、今回のタックルは生命の危険もありえた悪質な行為です。

 

仮に選手の判断だとしたら、監督や他の選手たちはその行為に即座に反応していたはずです。

しかし、映像をみるかぎり普通にプレーを続けていました。

これはチームとして、そういった行為を容認していると受け取られても仕方がないのではないでしょうか。

 

しっかりと真相を究明したうえで、処分をしていただきたいと思います。

スポンサーリンク

関連記事

-スポーツ全般
-, ,

Copyright© あなたに話したいこと , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.