旬な話題で話をしましょう

あなたに話したいこと

イベント

日劇はなぜ閉館?理由と閉館後はどうなる?4日ラストショウイベント

投稿日:


映画忘備録 - はてなブログ

TOHOシネマズ日劇が2月4日をもって閉館!

東京都千代田区有楽町の日本劇場に由来する

TOHOシネマズ日劇が34年の歴史に幕を閉じます。

 

旧日劇時代からは84年の歴史があり、

日本映画界のみならず、

エンターテイメントの歴史ともいえる日劇。

 

閉館の知らせに寂しい思いを抱く人も多いのでは。

何故閉館してしまうのか

理由と閉館後の予定について調べました。

スポンサーリンク

なぜ?日劇の閉館の理由

これまで多くの映画ファンを楽しませてきた

有楽町のTOHOシネマズ日劇。

閉館となるとやはり寂しい思いがします。

 

ではなぜ閉館するのでしょうか?

その理由はTOHOシネマズがすぐ隣の

東京ミッドタウン日比谷に入るからです。

 

簡単に言うと、

近くで新しい映画館ができるので、

古いほうはお役御免ですよってこと。

 

場所が有楽町から日比谷に移るので、

「日劇」の名前は使われないだろうし、

歴史の流れとは言え残念ですね。

 

人の記憶って場所に残されていると思います。

取り壊されて昔の建物がなくても、

その場所へ行けば懐かしい記憶に触れられる。

これからそんな存在に「日劇」はなるんですね。

 

「ラストショウ」イベント

TOHOシネマズ日劇では閉館を迎えるにあたり、

「ラストショウ」イベントが開催されています。

洋画・邦画を問わず、名作が上映される予定です。

『さよなら日劇ラストショウ』上映作品

 

今は自宅でも大画面で映画を

楽しんでいる人も多いと思います。

でもやっぱり映画館は特別ですよね。

 

「ゴジラ」「踊る大捜査線」

「ターミネーター」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」

「ドラえもん」に「クレヨンしんちゃん」

 

家で何度も見たけど、

最後に、もう一度映画館でみたい!

そう思いませんか?

 

また、一部の作品には

映画関係者のトークショーや入場者プレゼント、

特別商品の販売もあるそうです。

 

「日劇」最後の思い出に、

足を運んでみたいですね。

2月4日が最終日です。

スポンサーリンク

閉館後、跡には何が入る?

現在、TOHOシネマズ日劇は

有楽町マリオンの9~13階に入っています。

閉館後に入る施設も気になりますね。

 

日劇が閉館後の後には、

プラネタリウムと貸しホールが

できる予定だそうです。

 

9階と10階にコニカミノルタが運営する

プラネタリウムを中心とする複合施設ができます。

 

池袋サンシャインシティにもありますね。

斬新なプラネタリウムで話題ですよね。

新施設では新たな技術も導入されるとか。

 

また、11階から13階は1000人収容の

ヒューリックホール東京となります。

会社の株主総会や記者会見、

シンポジウムなどのイベントで使われそうです。

 

プラネタリウムは2018年冬、

ヒューリックホール東京は

7月にオープン予定だそうです。

 

日劇が去り、また新たな歴史が始まる。

今後の展開が楽しみですね。

スポンサーリンク

-イベント
-, ,

Copyright© あなたに話したいこと , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.