時事ニュース

信長像破壊の犯人は?何のために名古屋市商店街のシンボルは壊されたのか

投稿日:

名古屋市西区の円頓寺商店街の出入り口付近に設置された織田信長像が何者かに壊され、管理する商店街振興組合が愛知県警西署に被害届を提出したことが24日、組合への取材で分かった。西署は器物損壊容疑で捜査している。
https://jp.reuters.com/article/idJP2019082401001477

信長の左腕がもがれる!

こういった彫像が壊される事件は、毎年のように起こりますね。

この信長像も、過去に破壊されたことがあったようです。

今回は誰が犯人で、何のために破壊したのでしょうか。

スポンサーリンク

信長像破壊の犯人は?

愛知県警西署が器物損壊容疑で捜査しているようです。

器物損壊罪(きぶつそんかいざい)は、他人の所有物または所有動物を損壊、傷害することを内容とする犯罪。刑法261条で定められている。

前三条に規定するもののほか、他人の物を損壊し、又は傷害した者は、三年以下の懲役又は三十万円以下の罰金若しくは科料に処する。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%99%A8%E7%89%A9%E6%90%8D%E5%A3%8A%E7%BD%AA

破壊されたのが9日のことで、被害届が出されたのが24日。

まだ捜査は始まったばかりで、犯人はつかまっていません。

近くにコンビニがあり、防犯カメラなどが役立てばいいですね。

 

何のために?

信長像は何のために壊されたのか?

・愉快犯
・ストレス発散
・嫌がらせ

普通に考えたら、こんなところでしょうか。

犯人が捕まらないことには、動機もわかりませんね。

この信長像は強化プラスチックでできていますので、転売とかの可能性はないと思います。

 

信長像破壊の犯人に対する反応

以下はTwitterの反応です。

 
歴史に絡めてコメントしている人面白いけど、今の時代はやっちゃダメよ。

スポンサーリンク

リンク広告

関連記事

-時事ニュース
-,

Copyright© あなたに話したいこと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.