オスカーコラスとの契約内容は?通訳や結婚相手についても

ソフトバンクホークスの期待の若手選手である、オスカー・コラス選手亡命したのではというニュースが入ってきました。

日本のプロ野球から、亡命してMLB入りした選手は過去にもいますが、オスカー・コラス選手も同じような道を辿ろうとしているのでしょうか。

ソフトバンクホークスと、オスカー・コラス選手の契約内容などについて調べてみました。

スポンサーリンク

オスカー・コラスの契約内容

オスカー・コラス選手は、2017年に育成契約でソフトバンクホークスに入団。

2018年には2軍で55試合、3軍で50試合に出場。

2019年の前半戦の活躍が認められ、支配下登録に移行

年俸は1500万円の契約でした。

2020年もソフトバンクの選手のハズでしたが、MLB入りを目指して亡命とのニュース。

しかしながら、ソフトバンクとの契約が残っていますので、すぐにメジャー球団と契約はできないはず。

「金曜日(3日)にコラスの亡命を知ったメジャー球団にとって最大の疑問」とした挙げたのは「契約時期」だ。メジャーではドラフト対象国(米国、カナダ、プエルトリコ)外の選手と契約する場合の予備金の年間の上限が定められており、「情報筋によると、予備金のほとんどが使われている状態だ。もしコラスが数百万ドル(1億円以上)の契約金を求めるなら、(インターナショナル選手との契約が解禁される)7月2日まで待たなくてはいけないかもしれない」と問題点を指摘した。

https://www.daily.co.jp/

上記のソースからは、最低でも7月までは待たないといけないようです。

オスカー・コラス選手はまだ21歳と若いので、十分な時間があると思っているのでしょうか。

それにしても突然にいなくなるというのは、なんともやるせない話です。

スポンサーリンク

オスカー・コラスの経歴

  • 国籍:キューバ
  • 生年月日:1998年9月17日
  • 身長:186cm
  • 体重95㎏
  • 投打:左投げ・左打ち
  • ポジション:一塁手・外野手・投手

オスカー・コラス選手はキューバリーグのチームから、2017年にソフトバンクホークスに派遣されて来日。

野手としては長距離バッターで、投手としても最速148km/hを誇る二刀流選手です。

2017年の育成契約から2年半で支配下登録され、今後が期待された選手。

21歳と若く、荒削りな部分はあるものの、ポテンシャルの高さは見て取れました。

2019年8月8日のプロ初打席では、初球本塁打を記録。

これからというときに、MLB入りを目指して亡命と報道されています。

スポンサーリンク

オスカー・コラスの通訳

2019年8月18日 福岡ソフトバンク・明石健志選手・コラス選手ヒーローインタビュー

オスカー・コラス選手の初のお立ち台で、通訳をしたドミニカ人のゲレロ氏。

たどたどしい日本語で、緊張感の伝わる通訳を披露。

ゲレロ氏が喋るときに、観客も沸いていました。

なかなかの面白キャラで、オスカー・コラス選手の活躍とともに注目だったのですが…

コラス選手がいなくなっても、また誰かの通訳として見てみたいですね。

スポンサーリンク

オスカー・コラスは結婚している

オスカー・コラス選手は、まだ21歳と若いですが、すでに既婚者です。

2019年の3月に、夫人のヴィヴィアナさんが来日とニュース記事にありました。

詳細は不明ですが、結婚していることは間違いないようです。

夫人とともにアメリカへ渡ってしまったのでしょうか。

消息が気になります。

タイトルとURLをコピーしました