時事ニュース

年度は平成31年度か令和元年度かどっち?政府発表あり

更新日:


日本では会計や事務の都合上、年度という区切りを使っています。

2019年5月1日から新しい元号となりますが、年度はいったいどうなるのでしょうか。

平成31年度なのか、令和元年になるのか、調べてみました。

 

平成31年か令和元年か年度はどっち?

まず、年度はいつから始まるのか

実はこれは決まっているわけではありません。

年度というのは会計や事務のために、暦年とは別に区分された期間です。

そのため、その年度を使用する組織や団体によって決められるものなのです。

 

年度は会計年度や学校年度などがあり、4月1日から翌年の3月31日までが一般的な期間です。

呼び方は年度切り替え時点の元号となり、一般的いうと4月1日時点の元号となります。

ですので、2019年4月1日から始まる年度は平成31年度となるのが通常です。

 

しかし、今回は政府から以下のような発表がありました。

国の予算における会計年度の名称については、原則、改元日以降は、当年度全体を通じて「令和元年度」とし、これに伴い、当年度予算の名称は、各府省が改元日以降に作成する文書においては「令和元年度予算」と表示するものとする。
元号を改める政令等について

改元日以降、令和元年度となります。

ただし、「国の予算における会計年度の名称については」とあり、すべてがすべて令和元年度となるかは組織や団体によると思われます。

スポンサーリンク

昭和元年度はなかった

過去の改元はどうだったのでしょうか。

大正から昭和、昭和から平成に改元されたのは、いずれも天皇陛下の崩御によるものでした。

大正→昭和
改元日:1925年12月25日

昭和元年は1925年12月25日から12月31日までで、翌年3月31日までの年度は大正15年度となっています。

大正15年4月1日~昭和2年3月31日→大正15年度

 

昭和→平成
改元日:1989年1月7日

平成元年は1989年1月8日~12月31日までで、翌年3月31日までの年度は昭和元年度となっています。

平成元年4月1日~平成2年3月31日→平成元年度

 

上記の例をみると、やはり4月1日時点の元号が採用されているようです。

ですので、2019年4月1日~2020年3月31日の年度は平成31年度になるのが通常ですね。

そして、平成31年度の次の年度は、2020年4月1日は令和2年4月1日のため令和2年度となります。

しかし、すでに述べたように政府発表により、改元以降は「令和元年度」となります。

スポンサーリンク

令和元年度に対する世間の声

スポンサーリンク

おわりに

改元によって年度はどうなるのか見てきました。

政府の発表では「令和元年度」となることが決定。

それでいいと思います。

 

通常どおり平成31年度になると、その期間の平成は4月1日~30日の1ヶ月しかありませんからね。

あとになると違和感しかなくなるでしょう。

さあ、もう今は令和元年度です。新しい年度とともに心新たに生活しましょう!

蘭は珮後(はいご)の香を薫すの意味は?令和の出典元の梅花の歌全文

新たな時代は「令和」の時代。 あたらしい元号が決まりましたが、その出典元になった万葉集についても話題になっています。 特に注目されているのは歌に出てくる「珮後」という言葉。 全く聞いたことがない人が大 ...

続きを見る


令和の出典が漢籍でなく万葉集の理由は?なぜ今まで中国古典からだったのか

新しい元号である「令和」。 その出典は万葉集にあると説明されています。 令和で248番目となる元号ですが、これまではすべて漢籍(中国の古典)からの出典となっていました。 なぜ、今回はじめて日本の古典で ...

続きを見る

リンク広告

関連記事

-時事ニュース
-, ,

Copyright© あなたに話したいこと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.