旬な話題で話をしましょう

あなたに話したいこと

サッカー ロシアワールドカップ

ドイツ代表(ロシアW杯)の注目選手とフォーメーション・スタメン予想!

更新日:

サッカーキング

安定した試合運びで連覇を目指すドイツ代表。

ワールドカップ欧州予選は10戦無敗で突破し貫禄を見せつけましたが、直前の親善試合ではオーストラリアに敗れ、サウジアラビアには辛勝と不安を残す結果に。

選手の故障もあり、前回王者が揺らぎ始めています。2連覇は果たしてなるか。

サッカードイツ代表の注目選手とフォーメーション、スタメン予想をチェックしておきましょう!

スポンサーリンク

ドイツ代表(ロシアW杯)

基本データ

ドイツ連邦共和国

WC出場記録

17大会連続19回目

FIFAランキング

1位(出場32ヶ国中1位)

WC予選

欧州予選:グールプC1位 10勝0分0敗/43得点4失点

監督

ヨアヒム・レーヴ(ドイツ)

注目選手

マルコ・ロイス

ドイツ・ブンデスリーガ、ドルトムントに所属する28歳。

怪我の多い選手だが、抜群の攻撃性能を誇るスピードスター。

スピードのあるドリブル、正確なパス、決定力のあるシュートで、単独でも連携でも局面を打開できる。
 

メスト・エジル

イングランド・プレミアリーグ、アーセナルに所属する29歳。

攻撃のタクトを振るう、現ドイツ代表の絶対的な中盤の要。

魔法の左足から繰り出されるパスは、正確かつアイデアに溢れ、大きな違いを生み出す。
 

マヌエル・ノイアー

ドイツ・ブンデスリーガ、バイエルンに所属する32歳。

恵まれた体格と高い身体能力で、世界の頂点に君臨するGK。

負傷の影響で直前まで欠場が続き、コンディションに一抹の不安も。

スポンサーリンク

予想フォーメーション・スタメン

4-2-3-1

絶対的な司令塔であるエジル選手が膝を故障し、盤石ぶりに陰りが見えているドイツ代表。

ワールドカップ連覇を果たすポテンシャルはもちろんありますが、チームとしてより一層の成熟が求められます。

 

ボールを支配しポゼッションを高めた試合運びがベース。

その中心がエジル選手とクロース選手で、フォワードやサイドにボールを配給。また、パス交換から相手を揺さぶり、サイドチェンジで崩しにかかる。

しかし、エジル選手は故障を抱えているので、代役はロイス選手になりそうです。

 

守備では前線からプレスをかけ、中盤でインターセプトを狙う。ディフェンス陣も安定しており、しっかりとブロックを形成。

最後尾であるGKは怪我から復帰したノイヤー選手が第一選択。守りも盤石です。

 

ワールドカップの連覇記録は1958年と1962年のブラジル代表以後はなし。

ドイツ代表は連覇を果たせるのか、注目が集まります。

登録選手

GK

1 マヌエル・ノイアー(バイエルン)
12 ケビン・トラップ(パリSG)
22 マルク・アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)

DF

2 マービン・プラッテンハルト(ヘルタ・ベルリン)
3 ヨナス・ヘクター(ケルン)
4 マティアス・ギンター(ボルシアMG)
5 マッツ・フンメルス(バイエルン)
15 ニクラス・ズーレ(バイエルン)
16 アントニオ・リュディガー(チェルシー)
17 イェロメ・ボアテング(バイエルン)
18 ジョシュア・キミッヒ(バイエルン)

MF

6 サミ・ケディラ(ユベントス)
7 ユリアン・ドラクスラー(パリSG)
8 トニ・クロース(R・マドリー)
10 メスト・エジル(アーセナル)
13 トーマス・ミュラー(バイエルン)
14 レオン・ゴレツカ(シャルケ)
19 セバスティアン・ルディ(バイエルン)
20 ユリアン・ブラント(レバークーゼン)
21 イルカイ・ギュンドガン(マンチェスター・C)

FW

9 ティモ・ベルナー(ライプツィヒ)
11 マルコ・ロイス(ドルトムント)
23 マリオ・ゴメス(シュツットガルト)

スポンサーリンク

関連記事

-サッカー, ロシアワールドカップ
-,

Copyright© あなたに話したいこと , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.