サッカー ロシアワールドカップ

ブラジル代表(ロシアW杯)の注目選手とフォーメーション・スタメン予想!

更新日:

ゲキサカ

ネイマールへの依存体質を払拭!

今大会も優勝候補にあげられるブラジル代表。

スターへの依存体質を解消し、レベルの高いタレントを見事にまとめあげた現監督の手腕は見事。優勝候補筆頭に名乗りを挙げました。

サッカーブラジル代表の注目選手とフォーメーション、スタメン予想をチェックしておきましょう!

スポンサーリンク

ブラジル代表(ロシアW杯)

基本データ

ブラジル連邦共和国

WC出場記録

21大会連続21回目

FIFAランキング

2位(出場32ヶ国中2位)

WC予選

南米予選:1位 12勝5分1敗/41得点11失点

監督

チッチ(ブラジル)

注目選手

ネイマール

フランス・リーグアンに所属する26歳。

現代表の絶対的エースであり、多彩な足技を駆使するトリックスター。

しばしば相手を舐めたようなプレーに批判が集まることもあるが、ワールドカップでは愛する祖国のためにプレーする。
 

ガブリエウ・ジェズス

イングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・シティに所属する22歳。

豊富な運動量と抜群の決定力を持つフィニッシャー。予選ではチーム最多得点を記録。

ネイマール以上の宝石と言われたストライカーが、ロシアでブレイクを期する。
 

パウリーニョ

スペイン・リーガエスパニョーラ、バルセロナに所属する29歳。

迫力満点の持ち上がりからのミドルシュートや、ゴールに絡む動きが魅力のミッドフィルダー。

中国の広州恒大からの移籍で、そのクオリティが疑問視されたが、バルサで見事にフィット。セレソンでも中核を担う。

スポンサーリンク

予想フォーメーション・スタメン

4-1-4-1

現監督のチッチ監督が就任して以来、未だ無敗を続けるセレソン。

ジェズス選手やパウリーニョ選手が得点源となり、課題だったネイマール選手への依存体質も克服。

王国復活へ視界は良好といえるでしょう。

 

攻撃はブラジル代表らしい即興性に満ちたアタックを仕掛けるが、そのベースとなるのはハイプレスとポジションチェンジ。

今までのブラジル代表にない献身的な守備から、攻撃に繋げる形を確立。

また、攻撃的な両サイドやボランチも守備を怠ることなく、攻守ともにオーガナイズされている。

 

エースのネイマール選手は足首の故障からの復帰となるが、直前の親善試合で結果を残すなど不安も一掃。

前回、ドイツに屈辱的な敗退を喫した悪夢を払拭し、史上最多の6度目の優勝を飾る確率も高いとみられます。

登録選手

GK

1 アリソン・ベッカー(ローマ)
16 カッシオ・ラモス(コリンチャンス)
23 エデルソン(マンチェスター・C)

DF

2 チアゴ・シウバ(パリSG)
3 ミランダ(インテル)
4 ペドロ・ジェロメウ(グレミオ)
6 フィリペ・ルイス(A・マドリー)
12 マルセロ(R・マドリー)
13 マルキーニョス(パリSG)
14 ダニーロ(マンチェスター・C)
22 ファグネル(コリンチャンス)

MF

5 カゼミーロ(R・マドリー)
8 レナト・アウグスト(北京国安)
11 コウチーニョ(バルセロナ)
15 パウリーニョ(バルセロナ)
17 フェルナンジーニョ(マンチェスター・C)
18 フレッジ(シャフタール)
19 ウィリアン(チェルシー)

FW

7 ダグラス・コスタ(ユベントス)
9 ガブリエル・ジェズス(マンチェスター・C)
10 ネイマール(パリSG)
20 ロベルト・フィルミーノ(リバプール)
21 タイソン(シャフタール)

スポンサーリンク

関連記事

-サッカー, ロシアワールドカップ
-, ,

Copyright© あなたに話したいこと , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.