高校野球

市呉2019野球部メンバーの出身中学一覧と地元比率!

投稿日:

2年ぶり2度目のセンバツ!

広島県呉市にある市立呉高等学校。

秋季中国大会4強、広島県2位の戦績で2019年の選抜高校野球大会出場が決定。

一球入魂、市立呉の球児たちは、どんな活躍をみせてくれるのでしょうか?

2019年の市立呉高校野球部メンバーの出身中学校と地元比率を調べてみました!

市立呉2019野球部メンバーの出身中学校一覧

2019年の選抜高等学校野球大会に挑む新メンバーです。

位置 選手名 学年 出身中学 球歴
沼田仁 西条
秋山達紀 広中央
真野倭 海田西 広島スターズ(軟式)
角井夢海 昭和 呉昭和シニア
池田駿 阿賀 広島瀬戸内シニア
上垣内俊早 黒瀬
塩田開都 阿賀 呉ボーイズ
沼田歩 郷原
田辺舜治 昭和 呉昭和シニア
広本拓士 呉中央
住本大陽 昭和北
千景太朗 白岳
梅田利功 志和
曽根陸 吉浦
宮上幹太 祇園 ヤングUG広島
山口申旗 広中央
稲田真之介 昭和北 東広島ボーイズ
宮田泰成 東広島中央

地元出身比率

広島県内の中学から市立呉高等学校に進学した部員の比率を紹介します。

地元出身比率は・・・100%

市立高校ということもあり、メンバー全員が広島県内の中学出身です。

スポンサーリンク

市立呉2019野球部メンバーのニュース

攻撃の鍵となるのはシェアなバッティングが持ち味の塩田開都選手。

秋の公式戦で打率4割を超える活躍。核弾頭としてセンバツに乗り込む。

続く上垣内俊早選手、田辺舜治選手も高打率を記録。

つなぐバッティングでチャンスを掴む。

 

投手陣の中心はエースの沼田仁選手。

高い制球力と巧みな変化球で試合を作る。

さらに、右腕の広本拓士選手、住本大陽選手もレベルアップを図っている。

 

広陵が中国大会を優勝し、センバツは難しいと思われた。

しかし、準決勝では同じくセンバツ切符を勝ち取った米子東と延長13回タイブレークの熱戦。

その実力が認められ、見事2年ぶりのセンバツ出場となった。

晴れの舞台で大暴れを見せてほしい。

スポンサーリンク

市立呉2019野球部メンバーに対する声

リンク広告

関連記事

-高校野球
-,

Copyright© あなたに話したいこと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.