芸能ニュース

死役所ドラマ化でグロ表現はどうする?原作はエグいエピソード多数

投稿日:

TOKIOの松岡昌宏(42)が、同名漫画を原作にしたテレビ東京系連続ドラマ「死役所」(10月スタート、水曜・深夜0時12分)に主演することが19日、発表された。同局系ドラマは15年「大江戸捜査網」以来で初主演。民放ドラマ主演は“全局制覇”となる。
https://news.line.me/articles/oa-sportshochi/3b26436b6bba?utm_source=Twitter&utm_medium=share&utm_campaign=none

マンガ「死役所」がドラマ化決定!

また、マンガ原作のドラマかよって感じもしますが、死役所は楽しみですね。

主演はTOKIOの松岡昌宏さん。

主人公のイメージから野間口徹さんじゃないのという声もありますが、いいんじゃないでしょうか。

松岡昌宏さん自身も読者だそうですし、ミステリアスで凄みのある演技も期待できます。

しかし、マンガではなかなかグロくてエグい表現もありますが、ドラマではどうなるのでしょうね?

Twitterの意見を拾って、考えてみました。

スポンサーリンク

死役所ドラマ化でグロ表現はどうする?

放送は、テレビ東京系列で深夜0時12分からとなっています。

深夜帯ということで、グロ表現の限界に挑戦してもらいたいですね。

ある程度、大丈夫でしょう。

テレ東の気概を見てみたいですね。

以下はTwitterの意見です。

やはり野間口徹さん推しが、かなりいましたね。

堺雅人さんという声もありました。

松岡昌宏さんにはプレッシャーを感じていただき、是非熱演していただきたいですね。

スポンサーリンク

リンク広告

関連記事

-芸能ニュース
-, ,

Copyright© あなたに話したいこと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.