平昌オリンピック

下町ボブスレーが不採用になった理由は何?ジャマイカへの違約金は?

投稿日:


www.ashita-lab.jp
ジャマイカチームへ提供していた下町ボブスレーのソリが不採用!
 
平昌オリンピックまであと数日に迫ってきていますが、残念な知らせが入ってきました。
 
日本製のソリを使って平昌オリンピック出場権を獲得したジャマイカ代表チームが、本番で日本製のソリを使わないという連絡をしてきたそうです。
 
ジャマイカ代表チームにソリを提供していた「下町ボブスレー」はこの非情通告に唖然。損害倍書請求などの法的措置を取る可能性も出ているそうです。
 
なぜ「下町ボブスレー」のソリが不採用になったのでしょう。その理由と、違約金はいくらになるのか調べてみました。

スポンサーリンク

なぜ、下町ボブスレー不採用の理由

下町ボブスレーは東京都大田区の町工場のグループ。オリンピック出場を目指して、ジャマイカ代表チームにソリを無償提供していたそうです。
 
その努力とジャマイカチームの頑張りが実を結び、ジャマイカ代表チームは見事オリンピック出場権を獲得します。夢であったオリンピック出場も目の前。そんな時に非情な連絡が入ります。
 
「不採用」…その理由は一体何なんでしょうか。
 
簡単に言えばジャマイカ代表チームは、下町ボブスレーが作ったソリに見切りをつけたということのようです。どうも他のソリと比べてスピートに不満があったようですね。
 
きっかけは昨年の12月のワールドカップ。輸送会社のストライキで今まで使用してきた下町ボブスレーのソリが到着せず、ジャマイカ代表チームはラトビア製のソリを使用しました。
 
ジャマイカ代表チームは、ラトビア製のソリで好成績を治めることに成功。以後、下町ボブスレーのソリからラトビア製のソリに乗り換えることを決意したようです。
 


 
勝負の世界であり、4年に1度のオリンピックの大舞台。これは、仕方のないことなのかもしれません。
 
ちなみに日本代表はドイツ製のソリを使用します。下町ボブスレーも日本代表への提供を希望していたのですが、落選しています。やはりソリの性能の問題か。
 
ジャマイカ代表チームが使用するラトビアのソリ。やはり性能が良いのか、韓国代表チームも自国のヒュンダイ製のソリではなく、ラトビア製のソリを採用しているようです。
 
スピード競技は1秒、いやコンマ1秒を争う世界。いかに勝負が厳しいのか痛感しますね。
 


 
もちろん、こういう気持ちもわかりますよ。
がんばってください!下町ボブスレー。

スポンサーリンク

ジャマイカ代表チームへ法的措置!違約金はいくら?

ジャマイカ代表チームがラトビア製のソリを使用するのは仕方ないとして、一方でジャマイカ・ボブスレー・スケルトン連盟と下町ボブスレーにはソリ使用に関する契約があったようです。
 

契約では、使用されなかった場合に推進委はそりの開発費と輸送費の合計額の4倍となる6800万円の損害賠償を請求できるという。
www.jiji.com

 
違約金は6800万円ですか。なかなかに高額ですね。
 
今まで、ソリ自体は無償提供してきたわけなので、実際に使われなかったら無念ですし、契約があればまあ請求してもいいのではないでしょうか。まあ、黙って我慢していることはないですね。
 


 
確かにそんな印象も受けます。難しい問題かもしれませんね。
 
下町ボブスレーの組織委員会も平昌入りして、ギリギリまで交渉を続けるそうです。
 
どうなるかわかりませんが、良い着地点が見つかるといいですね。

スポンサーリンク

2018夏の甲子園出場校【出身中学と地元比率】

2018夏の甲子園出場校【出身中学と地元比率】

代表56校、全掲載 北海道 北北海道 南北海道 東北 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島 関東 茨城 栃木 群馬 北埼玉 南埼玉 東千葉 西千葉 東東京 西東京 北神奈川 南神奈川 山梨 北信越 新潟 ...

続きを見る

関連記事

-平昌オリンピック
-, ,

Copyright© あなたに話したいこと , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.