その他

藤井聡太が八段に昇段する条件は?四たび加藤一二三の記録を更新する可能性

投稿日:

ネタCUBE

棋士の藤井聡太さんが、最年少で七段に昇段したことが話題となっていますね。

これまでの記録は、加藤一二三さんが保持していました。

加藤一二三さんは神武以来と言われた天才。まさかその上をいくとは・・・

このままいくと 八段に昇段するのも最年少記録を更新するかもしれません。

藤井聡太さんが八段に昇段する条件を調べてみました。

スポンサーリンク

藤井聡太が八段に昇段する条件

藤井聡太さんの七段昇段の最年少記録は、加藤一二三さんの記録を1年以上更新するものでした。

正に見事の一字。このスピード昇段にプロも驚愕。驚きを隠せないようです。

 

素人には、藤井聡太さんが八段に昇段するのも時間の問題かと思ってしましますが、八段に昇段するにはどのような条件があるのでしょうか。

規定によると3つの条件のうち、1つをクリアすると良いようです。

・竜王位1期獲得
・順位戦A級昇級
・七段昇段後、公式戦190勝

 

竜王位1期獲得

竜王は将棋のタイトルのうち、最も格が高い最上位のタイトル。そして現在の竜王は、羽生善治さん。

藤井聡太さんならタイトルもとれちゃう?と思いましたが、これは厳しい。

かつて全てのタイトルを独占した天才棋士、羽生善治さんが立ちはだかるわけです。

 

もちろん、まずは挑戦権を得なければなりません。

5組ランキング戦の決勝で勝利し、決勝トーナメントで挑戦権を得る必要があります。

そしてようやく羽生善治竜王との7番勝負となるわけです。
 

順位戦A級昇格

順位戦とは名人のタイトルの予選のことです。

藤井聡太さんは、C級1組に昇段したばかり。C級1組のうえには、B級2組、B級1組、A級とクラスがあります。

A級に上がるには、それぞれのクラスで上位2名に入らなければなりません。

飛び級はできないので、藤井聡太さんがストレートで昇級しても3年は掛かります。
 

七段昇段後、公式戦190勝

藤井聡太さんは、これから190勝すれば八段になることができます。

対局数は棋士によってバラバラですが、藤井聡太さんは2017年3月から、2018年3月まで73局指し、61勝12敗でした。

この期間は、対局数も勝数も勝率でも1位です。しかし、仮にさらにペースを上げても、190勝到達には3年はかかるでしょう。
 

加藤一二三の記録を抜けるか

八段昇段の最年少記録は、加藤一二三さんの18歳3ヶ月。

藤井聡太さんは、現在15歳9ヶ月ですので、加藤一二三さんの記録を抜くには、やはり竜王獲得しかないでしょう。

加藤一二三さんは藤井聡太さんよりもはやく順位戦C級1組に昇級し、4年連続昇級により八段となっています。

藤井聡太棋士の史上最年少八段、最年少竜王を期待しましょう!

スポンサーリンク

藤井聡太七段昇段に対する世間の反応

ホントに驚きしか無いですね。素人には凄いとしかいえないレベルです。

あとは、もうタイトルしかないですね。それもやはり「竜王」を期待。

もちろん最高位タイトルなわけで、とんでもないことを期待しているわけですが、藤井聡太さんが歩んできた道のりを考えると、不可能ではないのかなとさえ思ってしまいます。

藤井聡太さんという天才の登場により、将棋界も最大級の盛り上がりをみせていますね。楽しみです!

スポンサーリンク

関連記事

-その他
-, ,

Copyright© あなたに話したいこと , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.