旬な話題で話をしましょう

あなたに話したいこと

平昌オリンピック

平昌オリンピック!スピードスケート男子5000m決勝日程と代表選手紹介

投稿日:


twitter.com
スピードスケート男子5000m決勝には日本代表選手2名が登場。

その日程・時間と代表選手、展望をご紹介します。

体格差がでるため日本人に不利であると

言われているスピードスケート長距離。

入賞、いやメダル目指して

頑張っていただきたいですね。

スポンサーリンク

スピードスケート5000m男子決勝の日程・時間

平昌オリンピックのスピードスケート男子5000m決勝の日程は

2018年2月11日(日)16:00からとなっています。

海外勢が圧倒的に強いですが、

あきらめることなく応援しましょう!

何が起こるかわかりません。

スピードスケート5000m男子決勝・日本代表選手

一戸 誠太郎(いちのへ せいたろう)

5000mの持ちタイムは日本記録である 6.12.80

北海道出身で、22歳の大学生。

大学は国立信州大学の教育学部です。
 
とても誠実そうな感じのする好青年!

ベストな走りを披露していただきたいです。

土屋良輔(つちや りょうすけ)

眉毛がしっかり!男らしいイケメンです。

5000mのベストタイムは、6.14.78

群馬県出身の23歳。

 

専修大学卒業後、現在は㈱メモリード所属。

群馬県に本社がある冠婚葬祭事業を

行っている会社のようです。

 

所属アスリートは土屋良輔選手のみで、

群馬出身アスリートを応援しようという

気持ちなんでしょうね。

頑張って欲しいです!

スポンサーリンク

スピードスケート5000m男子決勝の展望

前回ソチオリンピックで優勝を飾ったのはオランダのスベン・クラマー選手。

その時の決勝タイムが6分10秒76のオリンピック新記録でした。

 

男子のスピードスケートは

オランダ勢が圧倒的に強いです。

ソチオリンピックでは3種目で表彰台独占。

5000mも2位ヤン・ブロクハイゼン選手、

3位ヨリト・ベルフスマ選手でした。

 

そして1位のスベン・クラマー選手は

2010年のバンクーバーオリンピックでも金。

長距離を得意とする皇帝です。

 

一戸選手と土屋選手には

なんとかこのオランダ勢に食いついて

メダルを目指して欲しいと思います。

ベストを尽くせば決して夢ではありません!

応援しましょう!

スポンサーリンク

-平昌オリンピック
-, ,

Copyright© あなたに話したいこと , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.