平昌オリンピック

スピードスケート女子500m決勝はいつ?平昌オリンピックの日程と展望

更新日:

jp.sputniknews.com

スピードスケート女子500m決勝に日本代表選手3名が出場します。
 
その日程・時間と代表選手、展望をご紹介します。
 
1000mでは小平奈緒選手と高木美帆選手が銀、銅で女子スケート界初のダブルメダルを達成。
 
金メダルを逃した悔しさはありますが、その思いはこの500mで晴らしてくれるはず。
 
女子の距離別種目はこれが最後。締めくくりは金メダルだ!
 
追記:小平奈緒選手が金メダルを獲得しました!

スポンサーリンク

スピードスケート500m女子決勝の日程・時間

平昌オリンピックのスピードスケート女子500m決勝の日程は
 

2018年2月18日(日)20:56 放送:TBS系

 
日本代表からは神谷衣理那選手、小平奈緒選手、郷亜里砂選手が出場する予定です。
 
追記:神谷衣理那選手は11組(IN)、アメリカのブリタニー・ボウ選手と同走です。
追記:小平奈緒選手は14組(IN)、チェコのカロリナ・エルバノバ選手と同走です。
追記:郷亜理砂選手は15組(IN)、韓国のイ・サンファ選手と同走です。
 

スピードスケート女子500m決勝の展望

先日行われた1000mで、金メダルが有力視された小平奈緒選手は惜しくも銀。しかし、この500mも金メダルの最有力候補です。
 
なんといっても500mは昨季からワールドカップで15連勝と負け無しの記録がスゴイ。小平選手自身も絶対的な自信を持っているはずです。ここは負けられない戦いになります。
 
ライバルになりうる選手は地元韓国の李相花(イ・サンファ)選手。バンクーバー五輪、ソチ五輪の金メダリスト。今季も小平奈緒選手に次ぐ500mのタイムを出しています。ホームグラウンドだけに侮れません。
 
そして、李相花選手に次ぐ今季のベストタイムを持つのが日本の郷亜理砂選手。先日の1000mでは13位でしたが、標準はもちろんこの500m。躍進が期待されます。
 
500mで日本勢の表彰台は間違いないといえますが、小平奈緒選手にはぜひ金メダルをとって欲しいですね。!

スポンサーリンク

スピードスケート500m女子決勝・日本代表選手

神谷 衣理那(かみや えりな)

1992年生まれ、北海道出身。500メートルのベストタイムは37.40
 
前回ソチ五輪は選考会で3位に入るも落選。その時の悔しさをバネに、今回は見事に代表入りを果たしました。
 
自分の滑りができれば、入賞圏内の実力はあります。念願のオリンピックで躍進を期待したいです。
 

小平 奈緒(こだいら なお)

長野県出身、1986年生まれ。500メートルのベストタイムは日本記録の36.50
 
1000mで念願のメダルを獲得し、あとはもちろん金メダルだけです。500mはワールドカップ15連勝と圧倒しているだけに、日本中の期待が集まります。
 
オリンピックの金メダルは並大抵ではないですが、間違いなく小平奈緒選手にその資格はあります!
 

郷 亜里砂(ごう ありさ)

1987年生まれ、北海道出身。500メートルのベストタイムは37.05
 
先に行われた1000mに出場して13位でしたが、シーズンベスト記録で3位につける500mに標準を合わせていることでしょう。
 
30歳で初オリンピック。遅咲きスケーターの思いのこもった滑りに期待です!

スポンサーリンク

ロシアワールドカップ特集!

ワールドカップロシア2018特集

2018年6月14日(木)から7月15日(日)まで開催される、FIFAワールドカップ ロシアの特集ページです。 出場32ヶ国の情報   グループステージの試合日程 グループB グループC グ ...

続きを見る

関連記事

-平昌オリンピック
-, ,

Copyright© あなたに話したいこと , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.