即位パレードが右側走行(逆走)の理由は?【祝賀御列の儀】

2019年10月22日に行われる即位の礼。

天皇陛下がご即位を公に表明され、国内外の来賓の方がお祝いする儀式です。

そして、その後には祝賀御列の儀、いわゆる即位パレードが行われますね。

※追記:台風被害のため、パレードのみ延期で調整されているようです。

先日10月6日にはリハーサルも行われました。

実際のコースを走りましたが、パレードの際は通常の左側通行ではなく、道路の右側を逆走の形で走行することになっています。

なぜ、即位パレードのときは右側走行で逆走するのでしょうか?調べてみました。

スポンサーリンク

即位パレードが右側通行(逆走)で行われる理由

まず、パレードコースですが、これは平成の即位パレードのコースをほぼ踏襲したものとなっています。

そして、決定するにあたり「警備上の観点や沿道からの見やすさを考慮した」とされています。

つまり、即位パレードが右側走行(逆走)で行われる理由は、警備と見やすさとなります。

では、なぜ右側走行だと警備がしやすく、見やすくなるのでしょうか。

警備がしやすく、見やすい理由

即位パレードのコース決定にあたり、「首都高速の高架下や沿道の両側にビルが並ぶルートをできるだけ避けた」とあります。

警備の観点上、ビルの近くは避けたいという意思があります。

それでは今回のパレードコースになっている赤坂郵便局前の道路を見てみましょう。

奥が東(皇居へ続く道)で、手前が西となっています。

本番は奥から車がやってくると思って下さい。

通常の左側車線の沿道には、ビルが立ち並んでいますね。

右側は赤坂御所なので、当然ビルはありません。

即位パレードの時間は、道路は封鎖されます。

そうすると、左側か右側か、どちらを走るほうがよいと思いますか。

一見して、右側を走るほうが良いと思いませんか?

警備だけじゃなく、見る側としても右側を走ってくれたほうがよいと感じますね。

スポンサーリンク

即位パレード(祝賀御列の儀)の日時

・10月22日(火)午後3時半~午後4時

午後3時に陛下・皇后さまの乗られた車が皇居を出られる予定です。

終点は赤坂御所。終了時間はおおむね午後4時ということになっています。

なお、台風など荒天の場合は中止。

その場合の代替日は、10月26日(土)となり、時間は予定日と同様です。

即位パレードのルート

引用元: 政府広報オンライン

即位パレードに伴う交通規制

引用元: https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotsu/doro/regulation/ceremony_kisei.files/parade.pdf

即位パレード当日は交通規制が行われます。

皇居前周辺は午前7時~午後5時ごろまで。

警視庁周辺は午後7時~午後9時ごろ、午前11時30分~午後5時ごろまで。

国会議事堂周辺は午後7時~午後9時ごろ、午後0時30分~午後5時ごろまで。

赤坂御所周辺は午後7時~午後9時ごろ、午後0時30分~午後5時ごろまで。

信濃駅前周辺は午後7時~午後9時ごろ、午後0時30分~午後5時ごろまで。

詳しくは警視庁のページをご確認ください。

ページが見つかりません 警視庁
スポンサーリンク

まとめ:即位パレードが右側通行(逆走)で行われる理由

・平成の代替わりのときのコースを踏襲

・警備上の観点からビルを避けた

・沿道からの見やすさ

令和の幕開けを彩る歴史的な一日です。

日本国民として、ぜひともお祝いに駆けつけたいものですが、東京まで行けないので中継を見守ることにします。

当日は祝日となっています。

ゆっくりと日本という国の雰囲気を感じたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました