高校野球

高松商2019野球部メンバーの出身中学一覧と地元比率!

投稿日:

3年ぶり27度目のセンバツ!

香川県高松市にある県立高松商高等学校。

秋季四国大会優勝、香川県1位の戦績で2019年の選抜高校野球大会出場が決定。

いざや登らん希望の高嶺、高松商の球児たちは、どんな活躍をみせてくれるのでしょうか?

2019年の高松商高校野球部メンバーの出身中学校と地元比率を調べてみました!

高松商2019野球部メンバーの出身中学校一覧

2019年の選抜高等学校野球大会に挑む新メンバーです。

位置 選手名 学年 出身中学 球歴
香川卓摩 志度 東かがわシニア
新居龍聖 飯山
岡井祐斗 桜町
谷口聖弥 桜町
篠原一球 満濃
大塚慶汰 桜町
岸本将翔 紫雲
飛倉爽汰 龍雲
浅野怜 坂出東部 東かがわシニア
中塚公晴 桜町
立岩知樹 志度
石丸圭佑 香南
安部祐慧 屋島
島成来 屋島
内外 古市悠八 太田
長尾和真 三木
美濃克尚 古高松
花岡海音 直島 かがわ中央シニア

地元出身比率

香川県内の中学から高松商高等学校に進学した部員の比率を紹介します。

地元出身比率は・・・100%

県立高校ということもあり、部員全員が香川県内の中学出身です。

スポンサーリンク

高松商2019野球部メンバーのニュース

エースは左腕の香川卓摩選手で、右腕の中塚公晴選手がつづく。

香川選手は体こそ大きくないが、140km近い速球で1年秋からエースとしてチームを引っ張ってきた。

中塚選手も秋に経験を積み、レベルアップを図っている。

 

攻撃を引っ張る存在は、主将をつとめる飛倉爽汰選手。

三拍子そろった活躍で、チームの核弾頭となる。

4番に座るのは立岩知樹選手。

長打を狙うよりも確実なバッティングで、打点を挙げていく。

 

春27回、夏19回の出場を誇る古豪。

2016年のセンバツでは準優勝に輝いた。

今年の高松商にも大きな期待をしたい。

スポンサーリンク

高松商2019野球部メンバーに対する声

リンク広告

関連記事

-高校野球
-,

Copyright© あなたに話したいこと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.