高校野球

富岡西2019野球部メンバーの出身中学一覧と地元比率!

投稿日:

3度目の推薦で晴れてセンバツ出場!

徳島県阿南市にある徳島県立富岡西高等学校。

21世紀枠での選抜高等学校野球大会に出場が決定。嬉しい初の甲子園出場です。

世紀の歴史をつくるか。富岡西の球児たちはどんな活躍をみせてくれるのでしょうか?

2019年の富岡西高校野球部メンバーの出身中学校と地元比率を調べてみました!

富岡西2019野球部メンバーの出身中学校一覧

2019年の選抜高等学校野球大会に挑む新メンバーです。

位置 選手名 学年 出身中学 球歴
浮橋幸太 阿南一
阿部航一郎 相生
前川広樹 阿南一
木村頼知 小松島 徳島松南ヤング
吉田啓剛 海陽
粟田翔瑛 阿南一
山崎光希 羽ノ浦
安藤稜干 阿南
坂本賢哉 那賀川
末広純平 阿南
柏木竜斗 鷲敷
中西陽 羽ノ浦
久龍海人 相生
片山達貴 加茂谷
成松拓海 阿南 阿南シティーホープ
小川慧一郎 阿南一
大谷圭吾 牟岐
八百原賢太 羽ノ浦

地元出身比率

徳島県内の中学から富岡西高等学校に進学した部員の比率を紹介します。

地元出身比率は・・・100%

県立高校ということもあり、すべて徳島県内の学校からの進学となっています。

スポンサーリンク

富岡西2019野球部メンバーのニュース

監督の方針が面白い。目指すのは「ノーサイン野球」だという。

選手の自主制を大切にし、臨機応変に対応することを求める。

もちろん監督がノータッチというわけではなく、選手が監督の判断が必要とあれば指示を出す。

四国1回戦では勝ち越しのスクイズを指示した。

甲子園でどこまでやれるか見ものである。

 

甲子園で勝利をあげれるかどうかは、やはりエースにかかっている。

県大会、四国大会7試合を完投した浮橋幸太選手が投手陣の柱。

監督の息子である小川慧一郎選手も後に控える。

 

秋の公式戦では打線が爆発。

7試合で51得点華々しい活躍を見せた。

注目は先頭打者の山崎光希選手。打率667で10打点は大したもの。

好調を維持し、甲子園でも健闘したい。

 

スポンサーリンク

富岡西2019野球部メンバーに対する声

リンク広告

関連記事

-高校野球
-,

Copyright© あなたに話したいこと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.