高校野球

山梨学院2019野球部メンバーの出身中学一覧と地元比率!

更新日:

5年ぶり3度目のセンバツ!

山梨県甲府市にある私立山梨学院高等学校。

秋季関東大会4強、山梨県2位の戦績で2019年の選抜高校野球大会出場が決定。

勝利とは己に勝つこと、山梨学院の球児たちは、華々しい活躍を見せてくれることでしょう。

2019年の山梨学院高校野球部メンバーの出身中学校と地元比率を調べてみました!

山梨学院2019野球部メンバーの出身中学校一覧

2019年の選抜高等学校野球大会に挑む新メンバーです。

位置 選手名 学年 出身中学 球歴
中込陽翔 鰍沢 北杜ボーイズ
栗田勇雅 平ー(福島) いわきボーイズ
相沢利俊 玉幡 甲府南シニア
菅野秀斗 七生(東京) 八王子シニア
高垣広大 東淀(大阪) 大阪東淀川ボーイズ
小吹悠人 小名浜二(福島) いわきボーイズ
野村健太 東山(愛知) 愛知衣浦シニア
渡辺嵩馬 西桂 山梨ふじやまボーイズ
宮崎一樹 平山(東京) 調布シニア
佐藤裕士 城南 甲府南シニア
駒井祐亮 甲府東 北杜ボーイズ
飯塚大河 石神井(東京) 練馬中央シニア
岸本捷汰 城南 甲府南シニア
功刀史也 白根巨摩
上野颯夏 西中原(神李川) 横浜青葉ボーイズ
椙浦元貴 山中湖 富士河口湖シニア
脇坂尚直 愛東(滋賀) 湖東シニア
石神悠樹 松江五(東京) 浦安シニア

 

地元出身比率

山梨県内の中学から山梨学院高等学校に進学した部員の比率を紹介します。

地元出身比率は・・・44%

8人が山梨県内出身。10人が地元以外からの学校からの進学で、最多は東京都の中学出身の4名となっています。

スポンサーリンク

山梨学院2019野球部メンバーのニュース

甲子園優勝を経験している名将吉田洸二監督に率いられ、3度めの春。

投打に駒を揃え、躍進を目指す。

まずは、過去の記録を突破する2回戦勝利を目標にしたい。

 

バッティングでは秋の関東大会で好調だった菅野秀斗選手に注目。

走力を兼ね備えた巧打者で、塁に出てかき回す。

続く、中距離ヒッターの相沢利俊選手、高校通算30ホームランを誇る野村健太選手が得点源となる。

 

投手陣も本格派の駒井祐亮選手、技巧派の相沢利俊選手、サイドスローの佐藤裕士選手と充実。

監督が重要視するディフェンス力を盤石にする力はある。

誰が先発、リリーフに回るかわからないが、臨機応変な継投も見どころだ。

スポンサーリンク

山梨学院2019野球部メンバーに対する声

リンク広告

関連記事

-高校野球
-, ,

Copyright© あなたに話したいこと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.