高校野球

横浜2019野球部メンバーの出身中学一覧と地元比率!

投稿日:

5年ぶり16度目のセンバツ!

神奈川県横浜市にある私立横浜高等学校。

秋季関東大会8強、神奈川県1位の戦績で2019年の選抜高校野球大会出場が決定。

今年の横浜の球児たちは、どんな活躍をみせてくれるのでしょうか?

2019年の横浜高校野球部メンバーの出身中学校と地元比率を調べてみました!

スポンサーリンク

横浜2019野球部メンバーの出身中学校一覧

2019年の選抜高等学校野球大会に挑む新メンバーです。

位置 選手名 学年 出身中学 球歴
及川雅貴 八日市場二(千葉) 匝瑳シニア
山口海翔 向丘 横浜青葉ボーイズ
内海貴斗 末吉 世田合西シニア
度会隆輝 下貝塚(千葉) 佐倉シニア
庄子雄大 希望が丘 中本牧シニア
津田啓史 長嶺(熊本) 熊本中央ボーイズ
冨田進悟 三田(東京) 新宿シニア
小泉龍之介 武生二(福井) 鯖江ボーイス
大手晴 竜洋(静岡) 浜松シニア
木下幹也 開進三(東京) 世田合西シニア
松本隆之介 名瀬 戸塚シニア
桑原隼輔 今宿 横浜瀬合ボーイズ
吉原大稀 明星(北海道) 旭川大雪ボーイズ
守屋智冶 二宮西 小田原足柄シニア
鬼頭勇気 みたけ台 横浜保土ヶ谷ボーイズ
小島歩空 名瀬 戸塚シニア
明沢ー生 東鴨居
黒須大誠 中央台北(福島) いわきボーイズ

地元出身比率

神奈川県内の中学から横浜高等学校に進学した部員の比率を紹介します。

地元出身比率は・・・50%

9人が神奈川県内出身。9人が地元以外からの学校からの進学で、最多は東京都と千葉の中学出身者が2名づつとなっています。

スポンサーリンク

横浜2019野球部メンバーのニュース

最速153kmを誇る注目のエース、及川雅貴選手。

秋も安定して成長を続け、公式戦で59三振を記録。

センバツでも一段とパワーアップしたパフォーマンスが見れるだろう。

 

投手陣は及川選手以外にも充実した陣容を誇る。

長身の木下幹也選手は球威あるストレートだけでなく、制球力も確か。

さらに松本隆之介選手もスピード以上の鋭さのある直球が魅力の好選手だ。

 

攻撃ではU-15代表で大会最優秀選手にも輝いた度会隆輝選手に注目。

度会選手の父親はヤクルトに所属していた元プロ選手の度会博文さん。

父親譲りの野球センスで、甲子園でも大暴れを期待したい。

スポンサーリンク

横浜2019野球部メンバーに対する声

関連記事

-高校野球
-, ,

Copyright© あなたに話したいこと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.