漫画

長田悠幸の代表作は?漫画家森田まさのりが焦るキッドアイラックの評判!

投稿日:

https://natalie.mu/comic/news/304412

漫画家だけに、ネタの組み立てには自信あり?

漫画家の森田まさのりさんと長田悠幸さんのコンビが、M-1グランプリの3回戦を突破したとのニュースが入ってきました。

森田まさのりさんは「ろくでなしBLUES」や「ROOKIES」が代表作の有名な漫画家ですが、相方の長田悠幸さんって誰?ってなってませんか?

今回は長田悠幸(おさだゆうこう)さんについて、代表作や経歴などを調べてみました!

スポンサーリンク

長田悠幸のプロフィール

ふりがな:おさだ ゆうこう
本名:小島 しんノ助
誕生日:1975年12月7日
血液型:O型
出身地:静岡県
職業:漫画家
受賞:ちばてつや賞

本名がかなりインパクトありますね。「しんノ助」って… 本名に関する話はネットで探してもありませんでしたが、きっと逸話があるはず。本人に語ってほしいですね。

年齢は現在42歳。1975年生まれというと、同い年に「ONE PIECE」の尾田栄一郎先生がいます!さらに、「モテキ」の久保ミツロウ先生、「トリコ」の島袋光年先生も1975年生まれ。当たり年?

漫画家デビューは、1996年。少年ヤングマガジンでデビュー。「GLOCK」という作品ですが、これが"ちばてつや賞"の大賞を受賞しています。

大変素晴らしい出来事なんですが、長田さんは「ちばさんって誰だろう?」って思ったのだとか。ちなみに、ちばてつやさんは「あしたのジョー」を描かれた大物漫画家です。

その後、「トト! the wonderful adventure」「TRIBAL 12」「RUN day BURST」などの作品で連載。いずれもコアな人気があったものの、打ち切り感満載な感じで終了することに・・・。

現在ビッグガンガンで「SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん」を連載中。2013年から連載が始まり、現在コミックスが11巻まで出ています。

打ち切られずに長いこと続いているんですね。完結まで頑張って欲しいです!

代表作

長田悠幸さんの代表作ということになると、やはり連載期間が最長の「SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん」ということになるでしょう。

三菱学園高校で働く”ジミ”な英語教師・本田紫織は、実家の借金返済のため仕事に明け暮れる日々を送っていた。ところが27歳の誕生日を迎えた日、突然ジミ・ヘンドリクスの亡霊に取り憑かれ「27歳が終わる日までに音楽で伝説を残さなければ死ぬ」と言い渡される。紫織は三菱学園の生徒達と軽音部を立ち上げ、伝説の達成へ向けて音楽活動を始めることとなる。
wikipedia

ジャンルとしては音楽漫画ということになるでしょうか。

「のだめカンタービレ」や「BECK」「けいおん」など、昔から音楽をテーマにした漫画はたくさんあります。しかし、ジミ・ヘンドリックスに取り憑かれる女教師という設定がエキセントリックですね。「ヒカルの碁」の音楽版?

連載しているのは月間ビックガンガン。毎月25日発売の青年漫画雑誌で、スクエアエニックスが発刊元。発行部数は公表していないようで、どれくらいかわかりませんが、2014年には3万部というデータがありました。

「ジミなわたしとヘンなおじさん」は5年近く連載していますので、人気があるんだろうなあとは思いましたが、読んだ人の感想を見てビックリ。高評価ばっかりです。

これは・・・ということで、読んでみましたがコレはハマるかも!。ジミヘンの登場シーンや、主人公の初めての舞台など印象的なシーンが盛りだくさん。ちょっと癖があるかもですが、絵も上手で読みやすい。

WEBで立ち読みできるので、是非どうぞ。おすすめです。

こちらから立ち読みができます! SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん

男性
絵が上手で音楽を表現する躍動感がある。 大人も子供も関係なく音楽を通して成長していく姿がこれからも楽しみです。
愉快痛快、スッキリ読める漫画です。 続きがめちゃ気になるし、気付いたら1巻読み終わってしまってるくらいハマります!
女性
男性
地味な先生の夢をジミヘンのお化けが後推ししてる感じがいいです!夢は諦めないとこ素晴らしい

引用元:https://www.cmoa.jp/title/customer_review/title_id/88616/vol/1/

キッドアイラックの評判

長田悠幸さんのもう一つの代表作と言えるのが「キッドアイラック!」でしょう。打ち切りの印象が強かった長田さんの漫画ですが、キッドアイラックでは、ようやく納得した結末で終了しました。

題材は、「大喜利

人に笑われるのが大嫌いな不良“怒れる金獅子”こと矢追金次郎(やおきん)は、ケンカに明け暮れる日々を送っていた。しかし、日々買っていた恨みが原因となって、幼馴染みの江崎久里子から笑顔を奪ってしまうことになる。彼女の笑顔を取り戻すため、やおきんが選んだ道は『大喜利』だった。
wikipedia

長田さんはは趣味が大喜利で、アマチュアの大喜利大会や勉強会にも出るほどの熱の入れよう。その成果か、「キッドアイラック!」で描かれる大喜利シーンはお笑いのプロが見てもリアルで違和感がないのだとか。

さらに、単行本2巻の帯には、同じくお笑いの世界を題材にした漫画を書いてらした森田まさのりさんのコメントも。

完全にライバル視してます』 大御所漫画家をあせらすなんて、長田さんもヤりますね。

→こちらも立ち読みができます キッド アイ ラック!

女性
絵は子供っぽいし、ストーリーもありきたりだし、メインヒロインほとんど出てこないし、主人公の成長が飛躍的に伸びてたし色々とアレなとこはあったけど主人公の言動に目頭を熱くした。と言うか3巻読み終わるまでに5回位涙した。

引用元:https://www.cmoa.jp/title/customer_review/title_id/67572/vol/1/

物語の導入に、性犯罪が出てくるので(直接的な描写はない)、そこは注意。残念ポイントですが、おすすめです。

 

スポンサーリンク

長田悠幸M1出場


写真は、右が森田まさのりさんで、左が長田悠幸さん。

「キッドアイラック!」で大喜利を題材にした長田悠幸さん。なんとお笑いコンテストの最高峰ともいえるM-1グランプリに出場してしてしまいます。

「べしゃり暮らし」を描いた森田まさのりさんとの漫画家コンビで、その名も「漫画家」。森田さんが「キッドアイラック!」でうまくお笑いを表現しているのを見て、M-1に誘ったらしいです。

森田まさのりとのネタは?

コンビの役割は森田まさのりさんがボケで、長田悠幸さんがツッコミだそう。さらにネタの内容は漫画や漫画家さんに関するもの。尾田栄一郎さん、井上雄彦さん、冨樫義博さんなどをいじりまくっているそうですよ。

是非、勝ち進んでネタをテレビでみたいですね。私もそのころのジャンプ世代なので、笑えるポイントが多分あるはず。楽しみです。

今の所、ネタの動画はないようですが、もう少し勝ち進むと動画が配信されるかもしれません。

M-1公式サイトでチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

長田悠幸のまとめ

・代表作は「SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん」
・大喜利を題材にした「キッドアイラック!」は森田まさのりも焦る出来
・森田まさのりとコンビでM-1グランプリ3回戦突破

M-1グランプリのニュースで初めて知った漫画家さんでしたが、読んでみるとかなり面白かったです。

少年漫画らしい絵柄と展開で、知名度が上がれば、これから売れっ子になりそうな予感もします。

M-1の準々決勝を勝てば、またニュースになると思うので、是非頑張って欲しいですね。

関連記事

-漫画
-, , , , ,

Copyright© あなたに話したいこと , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.